このページの本文へ移動します。

プレスリリース

「ごみ焼却工場等の都市排熱高度活用プロジェクト」の経済産業省「平成23年度 次世代エネルギー技術実証事業」への採択について

印刷する

2011年9月26日
大阪市
大阪府
川崎重工業株式会社
大阪ガス株式会社

 大阪市(市長:平松 邦夫)、大阪府(知事:橋下 徹)、川崎重工業株式会社(社長:長谷川 聰)、大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、大阪市環境局ごみ焼却大正工場※1(以下、大正工場)において、ごみ発電後に発生する低温排熱をバイナリー発電設備で利用するとともに、ごみ焼却熱を熱輸送車で近傍の需要家に輸送する「ごみ焼却工場等の都市排熱高度活用プロジェクト」を、経済産業省「平成23年度次世代エネルギー技術実証事業」※2に提案し、採択されました。
 今回の熱源となる大正工場と近傍の需要家を対象として熱利用を最適化するエネルギーマネジメントシステムを導入し、従来のごみ発電と比較して25%以上のエネルギー利用効率の向上※3を目指します。
 
 現在、大正工場ではごみの焼却熱で蒸気を発生させ、発電や場内の給湯・暖房を行っています。
 本技術実証事業では、これまで廃棄していた発電利用後の低温熱を、新たにバイナリー発電設備※4を設置し発電に利用することで、場内エネルギー利用率の向上を図ります。(次頁(A)の範囲)
 また、ごみ焼却熱を熱輸送車を用いて近傍の需要家に輸送供給する※5ことで、ごみ焼却熱の有効活用を図ります。さらに、本技術実証では、熱輸送車による熱供給の可能性の検証に加え、複数の需要家への効率的な輸送方法についても検討します。(次頁(B)の範囲)
 従来の配管による熱供給方法に、今回の熱輸送車による熱供給方法を新たに加えることで、熱の高度な利用を目指します。
 
 なお、本技術実証の期間は平成23年度から3年間の予定です。
▲ページトップ
【技術実証の全体イメージ】
技術実証の全体イメージ
 
【各者の役割】
本事業における各者の役割は以下のとおりです。
大阪市
   本技術実証事業の総合コーディネートと、実証の舞台となる大正工場の維持管理や、実証事業環境の整備等を行います。また、大阪府とともに事業者間の調整や事業PRを行ないます。
大阪府
   実証の成果を広く普及させていく事業PRを行ないます。また、事業者間の調整や実証事業環境の整備等、大阪市の総合コーディネートをサポートします。
 なお、本プロジェクトは、昨年度に大阪府が中心となり、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援(平成22年度 地域新エネルギー・省エネルギービジョン策定等事業)を受け実施した「大阪スマートエネルギープロジェクト調査」の内容を活かした提案となっています。
川崎重工業株式会社
   事業全体をマネジメントするとともに、バイナリー発電設備(250kW)を導入することで、これまで未利用であった大正工場の低温排熱を有効利用します。また、周辺需要家と大正工場の需要から熱利用の最適化を図る工場内エネルギーマネジメントシステムを構築し、その有効性の検証を行います。(上図(A)部分)
大阪ガス株式会社
   熱輸送車等を導入し、ごみ焼却熱をごみ焼却工場だけでなく複数の熱需要家で利用する技術実証を行います。(上図(B)部分)
その他の協力者
 
日立造船株式会社
   大正工場の改修およびそれに関するアドバイスを行います。
株式会社神鋼環境ソリューション
   熱輸送車システムの技術提供およびそれに関するアドバイスを行います。
▲ページトップ
※1   大阪市環境局ごみ焼却大正工場
   
所在地:大阪市大正区南恩加島1-11-24
焼却能力:300t/日×2基
竣工:昭和55年7月
排熱利用設備
 
自家発電設備:3,000kW
場内給湯暖房装置
    大阪市環境局ごみ焼却大正工場
     
※2   次世代エネルギー技術実証事業
   
次のような次世代エネルギー・社会システム(スマートコミュニティ)構築に向けた実証プロジェクトに対して支援を行う経済産業省の補助事業
 
各地域で共通に使えるスマートコミュニティ関連技術の確立を目指す、先端的な技術等を含んだ実証事業
地域の実情に根ざしたスマートコミュニティを構築するために、地域固有の未利用エネルギー等や、地域の個性ある技術やビジネスモデルを活用し、社会システムを一層多様なものとするような実証事業
公募は一般社団法人 新エネルギー導入促進協議会(NEPC)が実施
参考URL:http://www.nepc.or.jp/topics/2011/0531.html#koubo別ウィンドウで開きます
     
※3   本技術実証システム範囲内での比較
     
※4   バイナリー発電設備
    低温の蒸気や温水等の熱により、沸点の低い媒体(今回の場合は約80℃)を気化させ、その体積の膨張を利用して、タービンによる発電を行う省エネルギーシステム。
     
※5   蓄熱槽をトレーラー等に載せて、熱源から近傍の需要家に熱を運ぶシステム
    甘味料の一種であるエリスリトールの潜熱(固体、液体間で相変化する際に必要な熱)で蓄熱することにより、同容量の水と比較して約3倍の蓄熱が可能。
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る