このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

泉北製造所第一工場におけるLNGタンクの建設について

2011年8月30日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、泉北製造所第一工場において、貯蔵容量が23万m3の地上式LNGタンクを1基建設します。
 本タンクは、近年最も一般的に用いられており、高度な安全性を有しているPCLNGタンクであり、一般のご家庭約33万戸分の年間使用量に相当する都市ガスを貯蔵できます。
 今回、クリーンで供給安定性に優れたエネルギーである天然ガスの需要拡大とLNG調達環境の変化へ柔軟に対応し、当社製造所の供給信頼性の向上を図るために建設します。
 建設時期は、平成24年9月に工事に着手し平成27年11月の完成を予定しています。
 当社は、今後も天然ガスの需要の増加に適切に応えるべく、供給安定性を高めてまいります。
 
LNGタンクの概要
 
建設地 大阪ガス株式会社泉北製造所第一工場
タンク種別 PCLNGタンク
タンク容量 23万m3
タンク建設時期 平成24年9月〜平成27年11月(予定)
   
LNGタンクの概略図
 
LNGタンクの概略図
PCLNGタンクは金属二重殻構造のタンクの外槽にプレストレストコンクリート(強化コンクリートの一種)壁を防液堤として密着させたタンク
   
泉北製造所第一工場概略
  住所:大阪府堺市西区築港浜寺町4番地
稼動開始:昭和46年10月
LNG取扱量:110万トン/年(平成22年度)
面積:281,000m2
泉北製造所第一工場概略
 
以上

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る