このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

スペイン・サグントLNG(液化天然ガス)基地事業への参画について

2010年5月11日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、スペイン・サグントLNG基地事業の20%持分の取得について、スペインの大手電力会社エンデサ社(Endesa, S.A.)との間で合意いたしました。
 
 スペインは年間2,000万トンを超える世界第3位、欧州第1位のLNG輸入国であり、現在6箇所のLNG基地が稼動しています。このたび当社が参画するサグントLNG基地は、同国のバレンシア州東部サグント港に立地し、LNG受入気化能力は年間約640万トンで、現在の拡張工事完了後はその能力が年間約760万トンとなります。なお、同国において、LNG基地事業は政府の規制下で一定の事業報酬が保証されており、長期にわたり安定した収益が見込まれます。
 
 当社はこのたびの合意により、エンデサ社の100%子会社であるエンデサ・ヘネラシオン社が保有するサグントLNG基地事業の全20%持分を、大阪ガス UK社(Osaka Gas UK, Ltd.)を通じて取得します。大阪ガスUK社は、本案件を含めた欧州域内における事業の管理や新規開拓を行う拠点と位置づけ、当社が100%出資して本年4月28日に設立いたしました。なお、持分の当社への移転は、持分譲渡契約に定められた所定の条件が充足された後となります。
 
 当社はこれまでの事業で培ってきたノウハウや人材を活用しながら、今後も海外エネルギーバリューチェーン事業に積極的に取り組んでいくとともに、欧州におけるLNG市場での知見を広め、同地域における事業拡大を目指していきます。
▲ページトップ
■サグントLNG基地事業の概要
  所在地:スペイン・バレンシア州東部サグント市
  運営会社: プランタ・デ・レガシフィカシオン・デ・サグント社
    (Planta de Regasificacion de Sagunto, S.A.)

 

受入気化能力:約640万トン/年 (拡張工事完了後は約760万トン/年)

 

タンク容量:15万立方メートル×3基 (同形の4基目を建設中)

 

運転開始:2006年4月
 
■基地の所在地
基地の所在地
 
■基地の様子
基地の様子
▲ページトップ
■各社の概要
  <大阪ガス株式会社>
    所在地:大阪府大阪市中央区平野町4-1-2
    代表者名:尾崎 裕
    事業内容:都市ガス供給販売等
    設立年月:明治30(1897年)年4月
     
  <エンデサ社>(Endesa S.A.)
    所在地:スペイン・マドリッド
    代表者名:アンドレア・ブレンタン
    事業内容:電力事業等
    設立年月:1944年11月
     
  <エンデサ・ヘネラシオン社>(Endesa Generacion, S.A.)
    所在地:スペイン・セビリア
    代表者名:マニュエル・モラン
    事業内容:スペインにおける発電およびガス事業等
    設立年月:1999年9月
     
  <大阪ガスUK社>(Osaka Gas UK, Ltd.)
    所在地:英国・ロンドン
    代表者名:川本 健一
    設立年月:2010年4月
 
以  上

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る