このページの本文へ移動します。

標準的な購買手続き

具体的な購買手続き

事前手続きの流れフロー図

1購買依頼 2見積依頼先の選定 3見積依頼 4見積書の提出 5契約交渉 6契約締結 7納入検査 8代金支払

(1) 購買依頼

購買する機器・装置および資機材の規格・仕様・数量および納期等については、それらを使用する部門が決定します。購買部門は、それらの部門からの購買依頼に基づいて購買活動を開始します。

(2) 見積依頼先の選定

購買部門は、「既に購買実績のある取引先の情報」、「見積依頼可能な取引先情報」および「製品・取引先情報」の中から見積依頼先を選定します。その際、購買する機器・装置および資機材の品質・性能、既設設備との整合性、安全性、納期、規模、将来必要となるアフターサービスレベル、供給能力および実績などを総合的に勘案して見積依頼先を選定します。なお、見積依頼は複数の取引先による競争見積によることを原則としますが、工業所有権、安全性確保、既設設備との整合性および緊急を要する場合など、必要な場合には、特命での見積依頼を行うこともあります。

(3) 見積依頼

見積依頼時に、品質、性能、規格、寸法、検査およびその方法などの基本仕様を定めたものを明示します。選定された取引先の皆さまはこの仕様に基づいて見積書および見積仕様書を、指定期限までに提出して下さい。

(4) 見積書の提出

購買部門および使用部門が、選定された取引先の費用で作成・提出いただいた見積仕様書について、当社の要求する仕様を満たしているかどうか検討しますので、これに合格する必要があります。その際に、当社は見積仕様書の内容に追加・修正等の要求を出すことがあります。

(5) 契約交渉

提出された有効な見積のうち、価格・技術条件等を総合的に検討した結果、当社にとって最優位の見積先と契約金額その他の条件について交渉します。なお、契約条件については、双方合意の上決定します。

(6) 契約締結

取引にあたっては,必要に応じ文書により契約します。

(7) 納入検査

契約上の納期は厳守していただきます。細部の納入スケジュールについては使用部門との間で調整されます。納入された機器・装置および資機材については、使用部門の検査を受けてこれに合格しなければなりません。なお、重要なものについては、製作過程において中間検査を行うことがあります。

(8) 代金支払

代金は、契約に基づく支払条件に従ってお支払いします。

その他

  1. 当社ならびに取引先は、業務上知りえた情報を厳重に管理するとともに、相手方の文書による承諾なしに第三者に開示することはできません。
  2. 機器・装置および資機材の納入が契約に基づく所定の納期より遅延した場合には、損害賠償を請求する場合があります。
  3. 契約等に関して紛争が生じた場合、準拠法は日本法とします。

ページトップ

企業案内

大阪ガスをもっと知る!

  • グループ会社一覧
  • IR情報
  • 技術開発情報

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る