このページの本文へ移動します。

長期使用製品安全点検制度について

平成21年4月に消費生活用製品安全法(消安法)が改正され、長期間の使用に伴い生ずる劣化(経年劣化)により安全上支障が生じ、特に重大な危害を及ぼすおそれが高い「特定保守製品」9品目について、点検制度が設けられました。
(本制度に関する経済産業省HP:http://www.meti.go.jp/product_safety/producer/shouan/07kaisei.html

長期使用製品安全点検制度について 所有者登録および点検通知 点検の詳細

「特定保守製品」とは

消費生活用製品のうち、長期間の使用に伴い生ずる劣化(経年劣化)により安全上支障が生じ、一般消費者の生命または身体に対して特に重大な危害を及ぼすおそれが多いと認められる製品であって、使用状況等からみてその適切な保守を促進することが適当なものとして政令で定めるものを指します。
(法第2条第4項)
大阪ガスの「特定保守製品」は以下の商品に該当するものになります。
特定保守製品
 
※平成21年4月以降(給湯暖房機は平成23年7月以降)に製造された「特定保守製品」は、カタログ、取扱説明書、製品同梱の所有者票に「特定保守製品」と記載されています。
※食器洗い乾燥機(ビルトインタイプ)は、平成21年4月以降の製造品はございません

長期使用製品安全点検制度の流れ

長期使用製品安全点検制度の流れ
① 特定保守製品に同梱されている所有者票を記入の上、当社にご返送ください(所有者票は平成21年4月以降の製造分に同梱されています)
② 返送いただいた所有者票を基に、当社にて所有者情報を登録します
③ ②で登録している「所有者」に対して、「特定保守製品 法定点検のご案内(以降、点検通知ハガキ)」を
 製造年月から9年を経過するタイミングを目途に発送します
④ 点検通知ハガキをご確認いただき、点検申し込みをいただきます(任意)
⑤ 点検申し込みをいただけましたら、当社業務委託先(大阪ガスサービスチェーン)が点検を実施します

「長期使用製品安全点検」に関するお問合せ先



大阪ガスお客さまセンター フリーダイヤル0120-0-94817 受付時間:(月〜土)午前9時〜午後7時 (日・祝日)午前9時〜午後5時
登録いただいたお客さま情報は、消安法、個人情報保護法及び当社規定により適切な安全対策のもとに管理し、法定点検、任意点検、リコール等の製品安全に関するお知らせをする場合以外には使用致しません。
情報提供を希望されたお客さまには、製品安全に関するお知らせ以外に、製品・サービス関連の情報提供、製品ユーザ対象のサービス情報を提供させていただきます。

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る