このページの本文へ移動します。

みをつくし献立帖 電子版 江戸時代を舞台にした料理小説 『みをつくし料理帖』(ハルキ・時代小説文庫)は、大阪に育った主人公の澪が、江戸で料理の腕を磨き、艱難辛苦を乗り越えて成長する物語です。小説に登場する、澪の心のこもった料理をご家庭で再現するレシピを特別にお届けします
             
             
             
 
 
 
 
 
 
 
 
       
4回連続エッセイ大阪ガスと私 髙田郁
※大阪ガスは、料理小説『みをつくし料理帖』シリーズにでてくる料理のレシピ集『みをつくし献立帖』の制作に協力し、作家髙田郁さんの了解を得てレシピを掲載しています。このレシピは、あなたが澪に代わって、食べる人の笑顔と健康を想い、ご家庭で作っていただくためのものです。レシピと料理を営業目的で利用されぬよう、お願い申し上げます。