大阪ガス実験集合住宅 NEXT21

A SOFC住戸分散設置とエネルギー融通

集合住宅の特性を活かし、高効率な家庭用固体酸化物形燃料電池(SOFC)コージェネレーションシステムのポテンシャルを最大限発揮するシステムバリエーションについて検証しています。

SOFC発電電力の住戸間融通 (4階)

SOFC発電電力をフロア内で融通し、蓄電池と組み合わせ、購入電力を91%削減

4階各住戸のSOFCを可能な限り定格運転(700W)で高効率運転し、発電余剰電力を住戸間で融通あるいは蓄電池(蓄電容量:5.5kWh)に充電して利用します。
また、SOFCの余剰排熱を集約し、共用部のデシカント空調(調湿空調機)の熱源に利用します。
これらにより、発電量が約1.6倍に増加し、購入電力を約91%削減でき、系統電力の負荷軽減に貢献しました。

4階フロア内SOFC発電電力の住戸間融通イメージ

4階4住戸の発電量と購入電力

(2014/1〜2015/3 の139日間の日平均)

SOFCと太陽熱の組み合わせによる熱の有効利用 (5階)

SOFC排熱と太陽熱を組み合わせ、熱融通することで、20%の省エネを実現

5階各住戸のSOFCは、の冬期の排熱不足を補うため、太陽熱パネル(面積:6m2)からの温水と組み合わせて給湯時の省エネ化を図るとともに、余剰排熱がある場合は住戸間で融通利用します。その結果、バックアップ給湯器の使用量を軽減し、一次エネルギー消費量は従来と比較して20%削減し、融通がない場合との比較で約4ポイントの向上となりました。

SOFCと太陽熱を組み合わせた熱融通イメージ

5階3住戸の一次エネルギー消費量

(2014/3/11〜3/17の7日間の日平均)

次世代に向けた高性能SOFCの開発 (303住戸)

次世代型高効率SOFCプロトタイプ機にて発電効率50%超(LHV)を達成

発電ユニット内に貯湯タンクを内蔵した小型で発電効率の高効率化を実現する次世代型高効率SOFCプロトタイプ機を試験運転。
発電効率55%(LHV)を達成するとともに、高い部分負荷性能も確認できました。
現行機(2016年発売)以降の商用機にノウハウを移転。

ページトップへ

このページのトップへ戻る