大阪ガス実験集合住宅 NEXT21

住まい・住まい方実験 第4フェーズの新たな試み 404住戸  4G HOUSE 4つの世代(Generation)、 4人の女性(Girls)が暮らす住まい

NEXT21パートナー・コンペティション最優秀賞(404住戸)作品を実現 株式会社大京・株式会社岩村アトリエ

『新しい世帯構造に対応した 住まいのカタチ』を提案

少子高齢化の進行や離婚率の増加などに伴って 、単身世帯や2人世帯といった小規模な世帯が増加する一方 で、経済的な面でも、日常生活の面でも、それらの世帯が単独では暮らしにくくなっており、この傾向は今後もより顕著になると考えられます。 そこで「1つの住まいに1つの世帯」ではなく、 少人数の複数世帯が集まり、お互いにサポートしながらも、各々が自立しいきいきと永く暮らせる 新しい住まいのカタチをつくろうと考えました。 「祖母、母、私 、娘 」の4つの世代、4人の女性が、それぞれ自立した個人として、同時にお互い を支え合い、世代間を継ぐ住まい。それが「4G HOUSE」です。

家族イメージ

「祖母、母、私、娘」の4つの世代、4人の女性が、自立した個人として、お互いを支え合い、
世代間を継ぐ住まい。

  • 大きなダイニングテーブルとキッチンは、4人がめいめいに過ごしながら、 お互いを感じる場所。建具を開けば、 私と娘の部屋と祖母の部屋、さらには井戸端コーナーとも繋がり、まるで大きなリビングのような空間となる。

  • ダイニングテーブルの先には娘が宿題をしたり、仕事でパソコンを使ったりできるスペースを設置。一日中みんなを感じられる工夫のひとつ。 4G’s wallは4人の趣味のものが並び、各自の関心事が見えてくる。

コンペ課題:2020年の家族の家

2020年頃 、家族はどのような姿をしているかを想定していただきました。 家族は今より個々の独立性を求めるのか、逆につながりを求めるようになるのか。独り暮らしが増えて住居の個人化は進むのか、それとも誰かと一緒に住む方法を模索するのか。高齢化や少子化は、家族そして家にどのような影響を及ぼすのか。
2020年の家族の一つのあり姿を想定し、彼ら、彼女らが住まう理想的な家を「404住戸」では求めました。

(NEXT21 パートナー・コンペティション募集要項より)

ページトップへ

このページのトップへ戻る