大阪ガス実験集合住宅 NEXT21

NEXT21 コンセプト・意義
NEXT21 第4フェーズコンセプト
大阪ガスの実験住宅の歩み
居住実験の意義と成果
(第1〜3フェーズ)
NEXT21の特長・概要
住宅の長寿命化と可変性の確保
自然と共生する生活
多様な都市コミュニティ
建築概要・受賞歴・実施体制
各階平面図・立面図・断面図
住まい・住まい方実験
第4フェーズの新たな試み
305住戸 余白に棲む家
403住戸 しなやかな家
404住戸 4G HOUSE
501住戸 プラスワンの家
省エネライフスタイルの醸成
住まい・住まい方実験
住まい・住まい方実験
(第1〜3フェーズ)
エネルギーシステム実験
第4フェーズの新規実験
A:SOFC住戸分散設置と
エネルギー融通
B:デマンドレスポンス対応と
逆潮運転
C:停電時自立システムの構築
D:HEMSの導入
E:再生可能エネルギーとの
組み合わせ
エネルギーシステム実験
(第1〜3フェーズ)
データ&アーカイブ
データ&アーカイブ
屋外環境 外気温湿度(1〜6階・屋上)
屋外環境 風向・風速(屋上)
屋外環境 外気・居室の温湿度相関
屋内環境 室内温湿度(居間・寝室・洗面所/月別)
屋内環境 室内温湿度(居間・寝室・洗面所/時間別)
屋内環境 CO2濃度(居間・寝室)
屋内環境 エネルギー消費量
再生可能エネルギー
代表的な実験概要 住まい・住まい方実験
代表的な実験概要 エネルギー実験
アーカイブ
データ分析

NEXT21の特長・概要 多様な都市コミュニティ

立体街路

立体街路

NEXT21は、集合住宅は立体的な一つの街であるという考え方に基づき、共用廊下や階段をまちの街路空間に相当する場所と考え、それらを「立体街路」と呼んでいます。このような考え方のもとに、立体街路はかつての町家の路地裏空間のような界隈性を持ち、ふれあいのスペースとなるように設計されています。

立体街路

居住者の主体的な管理による住環境の整備

居住者自ら清掃活動

住環境は、そこに住む居住者が積極的に整えようとすることによって、良好なものになっていきます。第2フェーズでは、入居者間のルールなどだけでなく、緑地も住環境の一部と考えて、入居前から管理の仕方や維持の方法について話し合う機会を持ちました。緑地も含めた住環境を居住者自らがよりよいものにしていくことが重要です。

地域コミュニケーションデザイン実験 U-CoRo(上町台地コミュニケーションルーム)

地域コミュニケーションデザイン実験 U-CoRo(上町台地コミュニケーションルーム)

第3フェーズでは、上町台地にちなんだテーマでディスプレイを行うショーウィンドウ「U-CoRo」を展開。ディスプレイ作成を機に地域とNEXT21をつなぐ活動を行いました。

ページトップへ

このページのトップへ戻る