このページの本文へ移動します。
総合TOP>企業情報 > 大阪ガスグループの取り組み > 技術開発情報 > 大阪ガスの家庭用固体高分子形燃料電池(PEFC)システム > 燃料電池について > 燃料電池とは
大阪ガスの家庭用固体高分子形燃料電池(PEFC)システム より詳しく知る燃料電池の仕組み
燃料電池について

燃料電池とは

燃料電池は水素と酸素を化学反応させて電気を作ります。
燃料電池の基礎知識についてご紹介します。

燃料電池の発電の原理

燃料電池は水の電気分解の逆の原理の化学反応です。「水素(※)」を空気中の「酸素」と化学反応させ「水」を作ります。 その過程で「電気」と「熱」が発生します。発電時にCO2などの温室効果ガスを発生しない発電システムです。

  • ※大阪ガスでは都市ガスを改質して作った水素を利用します。
燃料電池の発電の原理

燃料電池の種類と主な用途

燃料電池コージェネレーションシステムの構成図と装置について

燃料電池コージェネレーションシステム
構成装置と機能について
燃料改質装置 くわしくはこちら
天然ガスから水素を取り出します。
熱回収装置
セルスタックや燃料改質装置から熱を回収し、温水をつくります。
セルスタック くわしくはこちら
水素と空気中の酸素を使って直流電気を発生させます。
貯湯タンク
回収したお湯をためておき、給湯・暖房需要がある時に供給します。
インバーター
発生した直流電気を家庭で使う交流に変換します。
バックアップ熱源機
貯湯タンク内の温水で足りない場合、ガスでお湯を沸かします。
コージェネレーションシステムについて

ガスコージェネレーションシステムは、必要時に、必要な場所で電気エネルギーを作る、高効率な分散型エネルギーシステムです。

従来の火力発電所からのエネルギーのロスは1次エネルギーの発電時に排熱となって56%、送電時にも4%程度ロスが生じ総合エネルギー効率は40%程度となります。

一方、ガスコージェネレーションシステムは、 総合エネルギー効率の70〜90%が有効活用 される画期的なシステムです。
ロスなく送られてきた天然ガスを、利用する その場で電力エネルギーに変換し、 その際発生する排熱を回収して、給湯や空調 に利用します。