林 朋孝 林 朋孝

INTERVIEW

法律のプロとして経営・事業を支え、
トラブルから会社を守る

法務

TOMOTAKA HAYASHI

総務部 法務チーム
ゼネラル/スペシャリストコース
法学部 卒
2013年入社

大阪ガスに入社した理由

大阪ガスに入社した理由

就職先として大阪ガスに興味をもったのは、大学3年生の時です。法律が企業の実務においてどのように使われているかを調べる中で、ちょうど開催されていた企業法務コースのインターンシップに参加し、事業内容や雰囲気の良さに興味を持ちました。入社を決めた一番の理由は、社員の皆さまの温かさでした。インターンシップでも親身に対応いただき、選考過程でも印象はどこよりも良かったです。おかげで、自然体の自分を出せたと思いますし、法律の知識を活かしてどのような活躍ができるかもイメージできました。

現在の仕事内容

現在の仕事内容

法律の専門家として経営や事業をサポートするのが法務室の仕事です。私がメインで担当しているのは国内事業に関する法務相談と稟議書の審査であり、株主総会時は事務局業務も担当しています。法務相談では、各事業部から寄せられる事業施策に対する法的アドバイスや契約書のリーガルチェック、時には訴訟・トラブル対応へのサポートなどを行っています。相談者には分かりやすく、次の行動へ移しやすいよう、できるだけ実務に寄り添った回答をするように心がけています。

大阪ガスで働く魅力

ガス小売全面自由化による競争激化をはじめとして、エネルギー業界全体が大きく変化し続ける中、大阪ガスは未来に向けて国内・海外を問わず、既存事業の拡大や新規事業の開拓にチャレンジし続けています。そのため、あらゆる分野においてスケールの大きな新規事業に関わるチャンスが増えており、既存事業でもチャレンジングな仕事に関わることができる手応えを感じています。風通しも抜群に良く、自分の意見やアイデアを仕事に反映でき、多くの経験を通して自身を高めていけるのも魅力の一つです。

仕事での思い出深いエピソード

長期間にわたって現場の方と対応し、紆余曲折を経ながらも最終的には無事解決できたトラブル案件が印象に残っています。トラブル案件では、当事者の主張や事実の小さな食い違いから事態が複雑になることがよくありますが、この時もそうでした。そこで、事実や主張を整理した上で、効果的な伝え方も検討するなど、細心の注意を払って対応することで、相手方との食い違いを無くすことに取り組みました。その甲斐あって解決した後、現場の方から「本当にありがとう」と言ってもらえた時は、嬉しかったですし、苦労が報われた気がしました。

仕事での思い出深いエピソード

あなたが思う大阪ガスらしさ

「こんな仕事、私に任せて大丈夫ですか?」と驚くほど、若手にどんどん大きな仕事を任せる企業風土があります。実際、3年目の私にガス小売全面自由化に伴うガス工事約款の作成をはじめ、4年目以降もM&Aを目的とした国内大規模投資案件の法務デューデリジェンス、グループの組織再編への対応など、どれも他社ならベテランが手がける仕事を受け持たせていただいたのは刺激的であり、やりがいを感じました。もちろん、上司や先輩が状況を見守り、困った時はすぐにバックアップしてくれる体制があったので、安心して仕事に取り組めました。

あなたが思う大阪ガスらしさ

今後の目標

大阪ガスは、多岐にわたる分野で事業を展開しており、法務担当もそれぞれの事業分野に則した専門知識・法律の知識を常に学び続ける必要があります。そこで、私もあらゆる分野における専門性を高め、どのような案件でも対応できる力を身につけることで、社内で頼られる存在になりたいと考えています。その上で、まだまだ足りないと感じているマネジメント力やコーチング力、調整力などのスキルも身につけ、専門性とのバランスがとれた人材になりたいです。

このページのトップへ戻る