石谷 将大 石谷 将大

INTERVIEW

人々がガスを使い、幸せに暮らす――。
そんな当たり前をつくる仕事

幹線建設

SYOTA ISHITANI

ネットワークカンパニー 幹線部 建設チーム
プロフェッショナルコース
物質工学科 卒
2013年入社

大阪ガスに入社した理由

大阪ガスに入社した理由

「あなたのカラーに合うと思うから」と、学校の先生に勧められ、興味を持ってインターンシップに参加したことがきっかけです。さまざまな事業内容や、業務の話を社員の方々から聞くうちに、「人々の生活基盤を見えないところで支えている会社」であることに感銘を受けました。最終的に入社を決めたのは、職場に活気があり、社員の皆さまが笑顔で仕事をしている姿に魅力を感じたからです。「私もこの職場で働きたい」と思いました。

現在の仕事内容

現在の仕事内容

ガス供給で最も重要な「高圧ガス管」の建設工事を担当しています。既設導管の修繕工事や、新たに埋設する導管工事の、計画から完了まで全てを管理しています。工事会社さまの協力とともに、品質・安全を常に追い求め、指揮者として工事を取りまとめています。また、グループスタッフとして、全工事の予算・進捗管理や、新たな技術の導入など既存業務の枠を超えた取り組みも実施しています。気を付けていることは、スピード感です。ゴールまでのスケジュールを立て、メンバーとゴールの認識を摺り合わせ、期限内に完結させるよう取り組んでいます。

大阪ガスで働く魅力

一番の魅力は、お客さまがガスを当たり前に使用できる生活基盤に寄与できていると感じることです。私の部署は直接お客さまとは関わることが少ないのですが、高圧ガス管の品質を守ることで、お客さまのガスが使える当たり前を実現できていると感じることができます。
また、仕事を通して「若手でも意欲のある人間にはチャンスが与えられる」ということがあります。私も入社後多くの活躍の場を与えていただいています。上司の方も結果だけを切り取るのではなく、取り組む姿勢、過程を含め評価をしていただけるため、モチベーションアップに繋がっています。

仕事での思い出深いエピソード

現場工事を担当する方に「あなたが担当だったから、無事工事を終わることができました」と言ってもらったことは今でも覚えています。工事の計画段階から難航し、多くの方に迷惑をかけ、四苦八苦しましたが、現場の方に自分は必要な人間であることを認めていただいたことが嬉しかったです。自分が一つ成長できたと感じた瞬間でした。

仕事での思い出深いエピソード

あなたが思う大阪ガスらしさ

私が入社してから「大阪ガスらしく」意識していることは2点あります。1点目は「自分の思っていることは、発言をする」。発言することは今でも怖いですが、何でも言える環境・意見を取り入れてくれる職場風土のおかげで自分はチャレンジができています。発言には責任が伴うことも、社会人になり嫌というほど思いしらされました。
2点目は「困難な選択であっても積極的にチャレンジする」。自分の成長のためには、失敗を恐れずチャレンジすることが大切だと感じるようになりました。嫌なことでも逃げず、何度もぶつかることで自分が成長していると感じることができます。失敗は悪ではなく経験を積むため手段と寛大な心でバックアップいただける環境があります。

あなたが思う大阪ガスらしさ

今後の目標

成し遂げたいこと、自分がなりたい姿は、たくさんあって1つに絞れませんが、実現したいことは次の3つです。1つ目は、若手社員のお手本になれるよう仕事・プライベートの双方で充実させること。2つ目は、お客さまにガスをあたりまえに使っていただけるよう影ながら支えること。3つ目は常にチャレンジ精神を忘れず、これから変わりゆく世界に対応し、成長し続けることです。

このページのトップへ戻る