宮田 遼 宮田 遼

INTERVIEW

お客さまのことを第一に考える
「おせっかい営業」で全力サポート

技術営業

RYO MIYATA

Daigasエナジー株式会社 大阪産業エネルギー営業部
第2チーム
プロフェッショナルコース
理工学部 数理学科 卒
2016年入社

大阪ガスに入社した理由

大阪ガスに入社した理由

公共性が高い事業を行い、自分たちの活躍が社会貢献につながるインフラ企業に絞って、就職活動していました。その中で、地域との関係を大切にする社風があり、さらにお客さま第一の精神を持った社員が多いなど、ひときわ魅力的に見えたのが大阪ガスです。企業セミナーや説明会では、他社よりもインフラ事業で暮らしを支えたいという考えや、社会貢献に対する熱い思いがある会社だと感じ、入社を決めました。お客さまのことを全力で考え、支えていくという仕事のやりがいを語る先輩社員のまぶしい姿は、とても印象的で今も憧れています。

現在の仕事内容

現在の仕事内容

所属部署では、製造関連企業や工場に向けたエネルギー供給サービス、各種設備の販売活動を行っています。私の担当は大阪エリアの食品工場や化学工場で、ガス契約の維持、新規開拓、他社ガスから当社ガスへの切り替え提案などに従事。最近では電力販売、ガス・電力以外の商材、水処理設備などの提案にも取り組み、お客さまの幅広いニーズにお応えできるようになってきました。営業時は「宮田さんに相談して良かった」と言ってもらえるよう、お客さま第一で奮闘しています。

大阪ガスで働く魅力

Daigasグループでは、多様な事業を展開していることから、事業部、グループ会社のシナジーを発揮した多彩な提案が可能です。ノウハウや技術を活かした、当社だからこそできるオンリーワンな提案も評価されています。また、最近ではガスだけでなく、エネルギー全般の提案活動ができるようになり、自分のアイデア次第でお客さまが抱えるお困りごとを解決できるようになりました。また、上司や先輩社員は後輩想いの社員が多く、日々周囲の社員と切磋琢磨して仕事をできる雰囲気も魅力の一つだと思います。

商材や専門知識を学ぶなど、自身のレベルアップも必要ですが、成長した分、お客さまニーズに寄り添った提案ができますので、苦労のしがいがありますね。

仕事での思い出深いエピソード

営業の仕事は、何をおいてもお客さまの現場ニーズに対し、一緒になって実現可能な解決策を考えることが大切です。私もこの思いを持ち、お客さまの視点、立場に立って色んなお悩みや課題を解決し、大変喜んでいただいた経験があります。そのお客さまとは、現在も信頼関係が続いており、時々「あの時は一緒になって頑張ってくれたね」と振り返ってくださることも。別のお客さまは、私が所属している大阪ガスのラグビー部の公式戦に応援に来てくださったこともあります。これからも、お客さまと一緒になって課題を解決していくことで、多くのお客さまに大阪ガスのファンになってもらいたいです。

仕事での思い出深いエピソード

あなたが思う大阪ガスらしさ

私は「おせっかい営業」が大阪ガスらしさだと思っています。お客さまが困っていれば、とにかくすぐに駆けつける、とことん一緒になって考える、期待を超える提案をする。お客さまのために何ができるかを考えて行動する、良い意味でのおせっかいです。私も営業職として、この“お客さま起点”の営業姿勢、企業風土を大事にし、次の世代に継承していきたいと思っています。“私らしいおせっかいさ”も発揮して、お客さまに寄り添い続けていきたいです。

あなたが思う大阪ガスらしさ

今後の目標

当社には、「進取の気性」という考えがあるように、既存の枠にとらわれず、先進的なことに取り組む、そんな企業風土が根付いています。私自身も日頃から、業界の常識やこれまでのしきたりにとらわれず、自由な発想を大事にしたいと思っています。もちろん「おせっかい営業」も大切にしつつ、今後はこれまで以上にお客さまのお困りごとに寄り添える営業に進化していきたいという思いが強いです。そのためには、ガス以外のエネルギーの知識も日々学び、知識や視野も広げて、何でも提案できる「エネルギーのプロフェッショナル」になりたいですね。

このページのトップへ戻る