Personnel Development

人材育成について

ゼネラル/スペシャリストコース・プロフェッショナルコース
2つのコースを設定し、それぞれの役割に応じて育成

2030年までの長期経営計画の実現と、時代を超えて選ばれ続ける革新的なエネルギー&サービスカンパニーを目指す大阪ガスは、目標達成に向けた人材育成にも力を入れています。その1つが、コース別の育成です。「ゼネラル/スペシャリストコース」と「プロフェッショナルコース」という役割の異なる2つの育成コースを設定しています。

ゼネラル/スペシャリストコース

経営的視点での業務・会社の成長戦略の実現などを行う

一定期間業務を経験した後、以下のコースのどちらかを自己選択します。

GENERAL COURCE

ゼネラルコース

幅広い業務領域での経験や広い視野・人的ネットワークをベースに、経営的視点から組織全体や会社など組織横断的な変革を推進します。そのため、戦略的リーダーシップ・マネジメント能力の継続的な向上が求められます。それらの能力を磨くため、原則3~4年で異動を繰り返して幅広い経験を積み、高い次元で成果を発揮することが期待されます。

ゼネラルコース

SPECIALIST COURCE

スペシャリストコース

会社の成長戦略の実現に必要な領域において、専門能力の向上を追求します。具体的には技術開発や法務・財務などの分野で長期にわたりじっくりと取り組みながら高い専門性を磨きます。外部からも高く評価される水準まで専門能力を究め、新たな価値を創出することが期待されます。

スペシャリストコース

ゼネラル/スペシャリストコースの育成施策

新人指導員(PTA)制度

新人には入社後3年間、マンツーマンで指導員がつきます。指導員は、仕事を教えるだけでなく、率先してコミュニケーションをとり、新人が社会人としての基礎や専門スキル・ノウハウを確実に身に着けられるようにサポートします。

OffJT(業務外研修)

日常業務での専門スキル・ノウハウの習得(OJT)以外にも、資格取得やスキルアップをサポートする制度が整っています。社内研修や、個々の課題に合わせて選択できるチャレンジセミナーの受講、業務に必要な公的資格取得の支援制度などがあります。

ビジネスリーダープログラム

早い段階から戦略スタッフ・高度専門人材として活躍できるよう、必要な知識・スキルを網羅的に習得するプログラムです。具体的には論理的思考、経営、戦略・マーケティング、ファイナンスなどを学ぶとともに、他社との交流研修に参加する機会もあります。

海外ビジネストレーニング制度

海外で活躍できる人材となるため、指名を受けて海外もしくは海外環境に近い国内で、一定期間、海外ビジネスのトレーニングを行うカリキュラムです。具体的には海外拠点や海外研究機関などで働くトレーニー制度や、MBA取得を目的とする海外留学制度などがあります。

プロフェッショナルコース

専門スキル・ノウハウを身につけ、現場・業務のプロを目指す

PROFESSIONAL COURCE

プロフェッショナルコース

営業・メンテナンス・施工管理・保安業務・製造オペレーションにおいて現場のプロ・業務のプロを目指します。豊富な経験に基づく知識やスキルを活かして成果を上げ続けるとともに、不断の努力によって業務の改善や業績への貢献、後進への伝承を行います。戦術立案、組織活性化、部下育成といった担当組織の業績最大化を目指す管理者になることや、業務分野全体を牽引する第一人者に成長することが期待されます。その力を磨くために特定の領域でジョブローテーションを行い、専門スキル・ノウハウを確実に身につけていきます。

プロフェッショナルコース

プロフェッショナルコースの育成施策

新人指導員(PTA)制度

新人には入社後3年間、マンツーマンで指導員がつきます。指導員は、仕事を教えるだけでなく、率先してコミュニケーションをとり、新人が社会人としての基礎や専門スキル・ノウハウを確実に身に着けられるようにサポートします。

OffJT(業務外研修)

日常業務での専門スキル・ノウハウの習得(OJT)以外にも、資格取得やスキルアップをサポートする制度が整っています。社内研修や、個々の課題に合わせて選択できるチャレンジセミナーの受講、業務に必要な公的資格取得の支援制度などがあります。

マネジメント力 パワーアッププログラム

職場からの推薦を受けて、近い将来管理監督者になるための心構えや必要な能力を身につける研修です。リーダーシップ、問題解決力、チームマネジメントなどを学ぶとともに、他社との交流研修に参加する機会もあります。

このページのトップへ戻る