このページの本文へ移動します。

プレスリリース

衣類の乾燥時間を約25%短縮し、約60分で乾燥できるようになったガス温水式浴室暖房乾燥機「カワック」を発売します

印刷する

2011年9月27日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕、以下大阪ガス)は、ガス温水式浴室暖房乾燥機「カワック」天井設置形をモデルチェンジし、衣類乾燥性能が向上した新商品を10月1日から発売します。
 
 ガス温水式浴室暖房乾燥機「カワック」(以下、「カワック」)は、ガス給湯暖房機で作った温水の熱を浴室乾燥・衣類乾燥と浴室暖房に利用する商品です。ガス温水式ならではのパワフルな温風が持ち味で、衣類や浴室の乾燥性能に優れ、浴室暖房機能は冬場の入浴時のヒートショック予防に効果的です。昭和57年12月の発売以来、お客さまから高い評価をいただき、当社の平成23年8月末時点の累計販売台数は約120万台を超えています。
 
 大阪ガスが平成22年に実施した衣類乾燥に関するアンケート調査※1によると、天候が気になる、花粉や粉塵がつくなどの外的要因や、外出する、夜に洗濯するなどの理由により、部屋干しをされるお客さまが増えています。その一方で、部屋干しでは時間がかかる、乾き具合などに不満があるなどのお声も上がっています。
 
 こうしたお客さまのニーズにお応えし、このたび「カワック」の天井設置形5機種をモデルチェンジしました。風量を30%増加させるとともに、温風のスイング制御機能を追加し、浴室内の洗濯物にくまなく温風が当たるようにしました。
 これらにより、衣類乾燥にかかる時間は従来モデルから約20分短い約60分となり(従来比約25%減)、ランニングコストは従来モデルから約10%低減され、1回あたり約53円となりました。※2
 
 また、運転モードについて、従来の「タイマー」モードに加え、運転を自動で終了する「自動」モードや、ランニングコストを抑える「エコ」モードを、「カワック」天井設置形で初めて※3追加しました。多彩なモードを搭載する機種が増えることにより、更に多くのお客さまに、ライフスタイルや季節変化などに応じてご利用いだけるようになりました。
 
 このたびモデルチェンジした「カワック」の初年度の販売目標台数は7,000台です。
 大阪ガスは、今後もお客さまのニーズにお応えできる様々なガス機器やサービスを提案し、快適で豊かな生活の実現に向けて貢献してまいります。
▲ページトップ
このたび発売する「カワック」の特長は以下のとおりです。
 
(1) 衣類乾燥時間を大幅に短縮
  衣類乾燥時間短縮のために実施した開発のポイントは主に以下の2点です。
 
1. 乾燥運転時のファンの回転数を増やし、温風風量を30%増加
2. 乾燥運転時のオートルーバーのスイング制御機能について、暖房運転時とは異なる幅および速度に最適化し、衣類が乾きやすい風の吹き出し方を実現
  これらにより、衣類乾燥にかかる時間は従来モデルから約20分短い約60分となりました(従来比約25%減)。更に、衣類乾燥1回あたりのランニングコストは従来モデルから約10%低減され、約53円となりました。
   
  雨の日など屋外では干せない時はもちろん、曇りの日や夜間の洗濯、少量の衣類を素早く乾かしたい時などにも、さらに便利にお使いいただけます。
 
【衣類乾燥のイメージ】
衣類乾燥のイメージ  ガス温水式浴室暖房乾燥機「カワック」では、ガス温水式ならではのパワフルな温風で乾燥を行います。このパワフルな温風を使って、衣類から大量の水分を素早く蒸発させながら同時に換気によって屋外へ湿気を排出することで、しっかりと衣類を乾燥することができます。
   
【オートルーバーのスイング制御機能】
オートルーバーのスイング制御機能  使用する機能によって、オートルーバーの位置が自動で変化し、温風の向きを変えることができます。
 浴室暖房では洗い場に向けて往復20秒かけてスイングします。一方、衣類乾燥では、下向きに往復60秒かけてスイングするように制御したので、衣類にくまなく温風が当たるようになりました。
 
(2) 「カワック」天井設置形の衣類乾燥に自動モード・エコモードを搭載
  お客さまご自身で運転時間を設定する従来のタイマーモードに加えて、運転を自動で終了する「自動」モードや、ランニングコストを抑える「エコ」モードを搭載しました。更に多くのお客さまに、ライフスタイルや季節変化などに応じてご利用いだけるようになりました。
 
自動モード
  湿度センサーにより衣類の乾き具合を検知して運転時間を自動で判定し、最適な運転を行います。途中で洗濯物の乾き具合を見に行く手間もなく、多忙なお客さまにも便利にご利用いただけます。
エコモード
  設定した6~12時間の運転時間の中で、湿度センサーにより衣類の乾き具合を検知して送風と温風を適切に組み合わせて乾燥させるので、ランニングコストを抑えることができます。夏場など気温が高い時には送風だけでもある程度乾燥させることができるため、ランニングコストが低くなります(外気温30℃の場合、タイマーモードと比べ約27%減の約39円※4)。
▲ページトップ
このたび発売する「カワック」天井設置形の価格は以下のとおりです。
「カワック」天井設置形の価格
【161-H050型】
161-H050型
【161-H350型】
161-H350型
【「カワック」での衣類乾燥のイメージ】
「カワック」での衣類乾燥のイメージ
▲ページトップ
※1: 調査対象・条件
  調査名:衣類乾燥に関するアンケート
  年齢:20~50代
  サンプル数 :624名
  調査方法:WEBアンケート
  地域:関東(1都3県)、関西(2府4県)、東海(愛知・三重・岐阜・静岡)
  調査時期:2010年5月28日~30日
  条件:家事仕事として家族の中で最も洗濯物を干している人
  (調査結果はこちら)
  「洗濯物を干す場所の調査と“お風呂干し”のススメ 
 ~浴室乾燥暖房機カワックによる洗濯物の細菌・臭気抑制効果~」
  https://www.osakagas.co.jp/company/press/pr_2011/1193314_4332.html別ウィンドウで開きます
   
※2: 以下の試験条件の場合
  乾燥時間:乾燥率100%までの時間
  乾燥率=(乾燥前衣類重量-乾燥後衣類重量)/(乾燥前衣類重量-衣類基本重量)
  衣類重量:4kg
  脱水度:70%
  外気温:15℃
  外気湿度:60%
  浴室:ユニットバス1616サイズ
  モード:タイマー
 
適用単価: ガス料金   133.15円/m3(一般料金Cエコジョーズ料金)
  電気料金   25.55円/kWh(従量電灯A第3段)
  従来モデルとの比較:従来品161-5002(暖房能力3.3kW)との比較
   
※3: ミストサウナ機能付「ミストカワック」161-R420型、R520型、R620型、N101型および「カワック」壁掛形161-N612型では既に搭載
   
※4: ※2との比較
  衣類重量:4kg
  脱水度:70%
  外気温:15℃
  外気湿度:60%
  浴室:ユニットバス1616サイズ
  モード:エコ
  設定時間:8時間
 
適用単価: ガス料金   133.15円/m3(一般料金Cエコジョーズ料金)
  電気料金   25.55円/kWh(従量電灯A第3段)
 
以上
 
【仕様表】
仕様表

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る