このページの本文へ移動します。

大阪ガスはこんな会社です

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

電力事業

ガス事業に次ぐ第2の柱である「電力事業」

Daigasグループでは、電力事業、LPガス事業をあわせたマルチエネルギー事業を展開しており、電力事業をガス事業に次ぐ第2の柱と位置づけています。

電源開発の取り組み

Daigasグループは、環境負荷が小さい天然ガス火力発電所を中心に、コージェネレーション、再生可能エネルギー電源といった多様な電源を保有し、国内の発電持分容量は、2021年6月現在で約239万kWとなっています。グループ全体の電源ポートフォリオとして、2030 年度に国内外で900万kWとすることを計画し、国内では、電力市場や他社電源からの調達も組み合わせることで、需給の変化などに柔軟に対応できるようにしていきます。また、再生可能エネルギー普及貢献を国内外で500万kWに拡大することで、社会全体の低炭素化にも貢献します。
2030 年度に向け、競争力があり環境に優しい電源ポートフォリオの構築を目指します。

泉北天然ガス発電所

低炭素社会実現に向けた再生可能エネルギーの普及

Daigasグループは国内外で太陽光発電や風力発電事業を行い、地球環境にやさしい再生可能エネルギーの普及を推進しています。
風力発電所は和歌山県・高知県・山口県・佐賀県などにおいて、また、太陽光発電は大阪府・和歌山県・岡山県・三重県・大分県などにおいて運転しています。

広川明神山風力発電所 酉島太陽光発電所

ページトップ

株主・投資家情報

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る