このページの本文へ移動します。

ライフ&ビジネス ソリューション事業

2030年度に目指す姿と足元の概況

Daigasグループでは、エネルギー事業で培った技術や事業ノウハウを活かし、エネルギー事業と異なる事業を展開することで、事業リスクの分散に取り組んできました。特に、原油価格、為替の動向が不透明な昨今においては、安定した収益源として、Daigasグループの収益基盤を支える上で大きな役割を果たしています。
2030年度に向けて、さらなる利益の増加を目指し、「都市開発事業」、「材料ソリューション事業」、「情報ソリューション事業」をLBS事業における3本の柱として成長を加速させていきます。

2020年3月期の実績 売上高2,194億円 セグメント利益196億円
LBS事業における成長投資の推移
売上高 セグメント利益

※ 2019年3月期より、大阪ガスエンジニアリング(株)のセグメントをLBSから国内エネルギー・ガスに変更。2018年3月期の実績は、変更後の内容で記載。2018年3月期より、持分法適用会社であるSumisho Osaka Gas Water UK LimitedのセグメントをLBSから海外エネルギーに変更。2017年3月期の実績は、変更後の内容で記載。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る