このページの本文へ移動します。

ふれあいバザー

ふれあいバザーでは、障がいを持つ方々の社会参加を目的に、大阪ガスビル御堂筋側を出店の場として提供し、福祉作業所で作られた手作り作品や焼き菓子、雑貨などを販売しています。
現在は、大阪ガスビル1階フラムテラス内やガスてん会場などでも開催しています。
また、2012年からは、被災地の復興を継続的に支援するため、被災地復興支援バザーも開催しています。

御堂筋ふれあいバザー

御堂筋ふれあいバザー

障がいをもつ方々が働く福祉作業所で作られた手作り作品などを販売するふれあいバザーを、1年間に4回程度大阪ガスビルで開催しており、毎年延べ約50団体が出店しています。
このバザーに足を運んでいただくことで障がいのある方々への理解を一層深めていただきたいと考えています。

被災地復興支援バザー

被災地復興を継続的に支援するため、2012年から株式会社りそな銀行さま、明治安田生命保険相互会社さまと共同で大阪ガスビル御堂筋側で、被災地の物産や製品の販売、被災地の現状を紹介するパネル展示や防災に関する情報提供などを継続的に行っています。
また、従業員やOBが持ち寄った古書やDVDを販売するBOOKリサイクルのコーナーを設け、その売上を被災地支援に役立てています。

被災地復興支援バザー

ふれあいバザーin フラムテラス

ふれあいバザー(in フラムテラス)

毎週木曜日と金曜日の11時30分〜13時30分まで、大阪ガスビル1階フラムテラス内で「ふれあいバザーinフラムテラス」 を開催しています。
このバザーでは、福祉作業所で作られたパンや、焼き菓子、雑貨などを販売しています。

ふれあいバザーin ガスてん

例年開催される一部の「ガスてん」会場を福祉作業所に提供し、利用者の方々が作られた焼き菓子や雑貨などを販売しています。

ふれあいバザー(in ガスてん)

Daigasグループの社会貢献活動
活動内容

地域社会と共に

歴史・文化・まち

スポーツ・健康

安心・安全

“小さな灯”運動

災害被災地に対する支援

“小さな灯”運動30周年記念事業

活動予定・参加者募集
活動レポート
facebook
このページのトップへ戻る