このページの本文へ移動します。

活動レポート

『京都マラソン2020』Daigasグループより70名がボランティアで協力しました!

イメージ画像

 今年で9回目となる『京都マラソン2020』(主催:京都市・京都陸協)が2月16日に開催されました。

朝から小雨の降る中、ペア駅伝と車いす競技を含めて15,211人が出場し、冬の古都を駆け抜けました。

ランナーをサポートするボランティアとして、2012年の開催当初から連続でDaigasグループとして協力しています。

今回は、家族の方やOBの方を含めて総勢70名が、スタート地点の西京極運動公園と約12キロ地点の龍安寺周辺のコース沿道整理班の2か所に分かれ、ランナーをサポートしました。

 

●スタートブロック:西京極運動公園 手荷物預かり班 27名

<従事内容>ランナーから手荷物を預かりトラックに積み込む作業

 *早朝6時30分集合! 14号車・15号車・16号車の3台のトラックを担当!

 

●龍安寺周辺(約12キロ地点) コース沿道整理班 43名

<従事内容>走路周辺の資材設置やプラカード提示、歩行者誘導など

 *8時30分に集合し、道路にコーン等を設置。道路横断者の誘導や見学者の整理を行い、ランナーの通過を待ちます。
  ランナーが通過し交通規制解除後は急いで資材を撤去します。

 

ボランティアにご協力頂いた皆さま、雨の中朝早くからお疲れ様でした。

ご協力有難うございました。



【ご参考】

 1.出走者:マラソン14,802人、ペア駅伝201組402人、車いす競技 7人 合計15,211人

 2.完走者:マラソン13,894人、ペア駅伝191組382人、車いす競技 7人 合計14,283人 (完走率93.9%)

 3.応援人数:約427,000人

 4.ボランティア人数:約8,000人



担当:大阪ガス(株)ネットワークカンパニー京滋導管部総務チーム地域共創グループ

 

京都マラソン公式HPhttps://www.kyoto-marathon.com/

 


  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
Daigasグループの社会貢献活動
活動内容

地域社会と共に

歴史・文化・まち

スポーツ・健康

安心・安全

“小さな灯”運動

災害被災地に対する支援

“小さな灯”運動30周年記念事業

活動予定・参加者募集
活動レポート
このページのトップへ戻る