このページの本文へ移動します。

活動レポート

「災害時に備えて、みんなで考えよう!チャリティ防災クッキング」を大阪ガスクッキングスクール6会場で開催!

イメージ画像

 9月8日(日)、防災をテーマにした料理講習会「災害時に備えて、みんなで考えよう!チャリティ防災クッキング」を大阪ガスクッキングスクール6会場で開催しました。

 当日は、126名の小学生と保護者の方に、「親子で料理体験」の他、大阪ガスの地震対策なども交えた「考える防災教室」「メータ復帰操作」や、会場によっては、「こども制服姿で緊急車両乗車や記念撮影」なども体験していただきました。

 料理メニューは、やきとり缶deおやこ丼、ツナと乾物のカラフルサラダ、こうや豆腐とワカメのみそ玉おみそ汁、ビニール袋で作るチョコクランチ。まな板や包丁を使わず、ビニール袋やアルミホイル、はさみなど身近にあるものを利用して、長期保存がきく乾物や缶詰を使った料理を楽しんでいただきました。


 参加費全額と募金額の総額217,742 円は、Daigasグループ“小さな灯”運動を通じて、社会福祉法人 中央共同募金会の災害ボランティア・NPO活動サポート募金(災害ボラサポ)にお送りし、「8月九州豪雨」と「台風15号」の被災地のために役立てていただきます。


 今回、ご賛同いただいた下記の協力企業8社様から、盛り沢山なお土産をご提供いただきました。皆さまありがとうございました。
・旭松食品株式会社(こうや豆腐などの食品メーカー)
・株式会社うおいち(水産物の卸売会社)
・カゴメ株式会社(野菜の総合食品メーカー)
・関西よつ葉連絡会(食品などの宅配事業者)
・国分西日本株式会社(酒類、食品の総合卸売会社)
・東洋ライス株式会社(お米の総合メーカー)
・株式会社マルヤナギ小倉屋(煮豆、佃煮などの食品メーカー)
・山長商店株式会社(大阪の“だし”専門店)   



  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
Daigasグループの社会貢献活動
活動内容

地域社会と共に

歴史・文化・まち

スポーツ・健康

安心・安全

“小さな灯”運動

災害被災地に対する支援

“小さな灯”運動30周年記念事業

活動予定・参加者募集
活動レポート
このページのトップへ戻る