このページの本文へ移動します。

活動レポート

【熊本地震復興支援】サントリーシステムテクノロジー株式会社協賛 第7回「はじまるくんパソコン寄贈プログラム」の贈呈式を実施しました


 オージス総研とサントリーシステムテクノロジー株式会社は、先の熊本地震の復興支援の一助として、「はじまるくんパソコン」を熊本県内の障がい者福祉施設35施設に各1台ずつ寄贈しました。当該パソコンはサントリーシステムテクノロジー株式会社において業務の使用を終えたパソコンをご提供いただき、障がい者施設で再生したものです。

 サントリーシステムテクノロジー株式会社は、「はじまるくん」の活動が始まった当初から協賛されており今回で第7回目となります。
 今回、熊本県を寄贈先とした背景には、被災した熊本県嘉島町にあるサントリー九州熊本工場が現在も一部操業停止が続いており、サントリーグループ一丸となって生産設備の完全復旧を進めておられる中、ともに復興をめざしておられる地元に少しでもお役に立てればとのサントリーシステムテクノロジー株式会社の思いがあります。

 今回のプログラムの寄贈先選定には、熊本県社会就労支援センター協議会のご協力をいただきました。そして、特に震災被害の大きかった障がい者福祉施設へパソコンを寄贈しました。

 このプログラムを記念した贈呈式が、12月22日、熊本県総合福祉センターで行われ、サントリーシステムテクノロジー株式会社 山内 雄彦社長から寄贈先の代表にパソコンが渡されました。熊本県社会就労支援センター協議会の金澤 一紀会長からは、お礼のあいさつがあり、同社に感謝状が手渡されました。贈呈式に続いて行われた交流会では、ある寄贈先施設より、利用者みなさんからの感謝の言葉が書かれた色紙が贈られ、思いがけない暖かいプレゼントに、サントリーシステムテクノロジーのご担当者も大変感激されていました。

 <寄贈先>
  熊本県内の障がい者福祉施設 35施設
 

 <再生作業委託福祉作業所>
  社会福祉法人桑の実会 桑の実工房(福岡県北九州市)
  社会福祉法人新生会 新生会作業所(兵庫県西宮市)
  一般社団法人地域自立活動支援センター ブレストおおやま(大阪府和泉市)

 

 はじまるくんパソコン寄贈プログラムとは・・・

 オージス総研が2009年から実施している社会貢献活動で、企業や団体において、業務で使用を終えたパソコンを、障がいをお持ちの方が働く施設(福祉作業所等)でクリーニングやOS導入作業などの再生作業をしていただき、福祉施設などへ寄贈することを基本とするプログラムです。パソコン・リユースをベースに『環境貢献・障がい者就労支援・IT支援』を目的とし、事務局として関係機関との調整や福祉作業所への再生作業の技術指導などを行っています。

 

 

【お問い合わせ】
オージス総研 社会貢献活動推進室


  • イメージ画像
  • イメージ画像
Daigasグループの社会貢献活動
活動内容

地域社会と共に

歴史・文化・まち

スポーツ・健康

安心・安全

“小さな灯”運動

災害被災地に対する支援

“小さな灯”運動30周年記念事業

活動予定・参加者募集
活動レポート
このページのトップへ戻る