このページの本文へ移動します。

復旧対策(早期の供給再開)

速やかな復旧作業により、一日も早くガスの供給を再開します。

復旧作業の流れ

1.ブロック単位でガス供給を停止
被害の大きいエリアのみ低圧のガス供給を停止し、被害の小さいエリアにはガス供給を継続するため、ガス導管網を分割し、地震ブロックとして設定しています。
あらかじめ定めた以上の揺れを検知した場合、ガバナー(整圧器)がガス供給を自動遮断し、ブロック単位でガス供給を停止します。

ブロック単位でガス供給を停止

2.お客さま宅のメーターガス栓を閉栓
ガス供給を停止したブロック内のすべてのお客さま宅を訪問し、メーターのガス栓を閉栓します。

お客さま宅のメーターガス栓を閉栓

3.供給停止ブロックを分割
被害の状況・規模に応じて効率的に復旧を進めるために、ガス供給を停止したブロックをさらに地域ごとに分割します。

供給停止ブロックを分割

4.ガス管を点検
道路などに敷設されているガス管の漏れ調査を行い、漏れ箇所を特定します。

ガス管を点検

5.ガス管を修理
道路を掘削し、損傷しているガス管を修理します。

ガス管を修理

6.ガバナーを再稼働
ガス供給を停止したブロックのガバナーを再稼働します。

ガバナーを再稼働

7.お客さま宅のガス管・排気筒などの点検、メーターガス栓の開栓
お客さま宅を訪問し、お客さま立ち会いのもとでガス管などの点検を行います。ガスが安全に使える状態であることを確認し、メーターガス栓を開栓して、ガスのご使用を再開します。

お客さま宅のガス管・排気筒などの点検、メーターガス栓の開栓

ガス供給停止状況/復旧状況のお知らせ

大規模地震発生時、供給停止区域の復旧進捗状況、復旧完了見込み日をホームページで閲覧できる復旧見える化システムを開発・導入しています。
復旧見える化システムは、復旧進捗状況などを掲載した住所別一覧リストと、復旧進捗状況毎に色分けしたマップで構成されています。
マップでは、お客さま宅が確認できるまで拡大可能で、該当地域を選択すると、供給再開時期を確認することが可能です。(スマートフォンでも確認可能)

ガス供給停止状況 復旧状況のお知らせ

ガス停止中の臨時供給
移動式ガス発生設備による臨時供給
人命に影響を及ぼしうる可能性がある災害拠点病院などの重要施設に対して、都市ガス供給が復旧するまでの間、代替エネルギーをお届けできるよう移動式ガス発生設備を保有しています。

移動式ガス発生設備による臨時供給

ページトップ

取り組み・活動

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • グループ会社一覧
  • CSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る