このページの本文へ移動します。

緊急対策(二次災害の防止)

迅速な情報収集と的確なガス供給停止により、お客さまの安全を守ります

1.供給停止システム

緊急停止システムの構築

大阪ガスでは、地震発生後の二次災害防止のため、お客さま宅へのマイコンメーター設置とともに、ガス供給設備へガバナー感震自動遮断装置、ガバナー遠隔遮断装置などの設置を行っています。
また、供給エリア内で地震計を約260カ所に分散設置しています。これらの設備により、地震ブロック単位での的確なガス供給停止が可能です。
また、本社中央指令室が万が一被災した場合には、中央指令サブセンターが即座にその機能をバックアップします。

緊急停止システムの構築

ガス供給停止の流れ

ガス供給停止の流れ

ガス導管網の地震ブロック化

低圧ガス導管網を分割し、地震ブロックとして設定することで、被害が大きなエリアのみガス供給を停止することができます。

地震ブロック図

2.自営無線ネットワークの構築・運用

大阪ガスでは、都市ガスの安定供給と保安の確保、ならびに地震発生時の確実な情報収集と遠隔操作、二次災害防止と早期復旧のため、信頼性の高い独自の無線ネットワークを構築・運用しています。

無線ネットワーク

ページトップ

取り組み・活動

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • グループ会社一覧
  • CSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る