Daigas Group 大阪ガスグループは、Daigasグループへ。

CLOSE
  1. 総合TOP
  2. 企業情報
  3. 取り組み・活動
  4. 技術開発情報
  5. SPACECOOL™ (炎天下でも宇...
材料開発

SPACECOOL™ (炎天下でも宇宙に熱を捨て
ゼロエネルギーで冷え続ける新素材)

概要

 大阪ガスでは、熱を-270℃の宇宙空間に捨てること(放射冷却)により、日射を受けても周囲より温度が低下することを特徴とする新素材(放射冷却素材)を開発しました。

背景

 放射冷却とは、地球上の熱が熱ふく射と呼ばれる光の形で宇宙に放出され冷却される現象で、夜間に気温が下がる原因の一つとしてよく知られています。日中も夜間と同様、放射冷却現象は生じていますが、太陽光の入熱エネルギーが熱ふく射による放射エネルギーよりも遥かに大きいことから、太陽光が金属やコンクリートなどの一般素材に照射されると、素材温度は外気温よりも上昇します。

 今回、当社の光学制御技術を用いて太陽光の入熱を抑えながらも熱ふく射による放熱を大きくした材料設計を行うことにより、直射日光下において外気温よりも温度低下する放射冷却素材「SPACECOOL™」の開発に成功しました。


SPACECOOL™の原理図

 太陽光や大気からの輻射の吸収を抑え、熱ふく射による宇宙空間への熱の放出を増やすことで直射日光下において外気温より温度低下します。

特徴1 炎天下で冷える

 夏季(6〜9月)に弊社研究所敷地内で検証した結果、直射日光下の冷却性能が外気温に対して最大で約6℃低くなることを確認しました。


SPACECOOL™の温度と日射反射塗料の夏の炎天下における温度比較結果

特徴2 高耐久

 4年以上のUV耐候性(屋外に設置した場合の耐久性)があることを加速試験にて確認しました。変色やスペクトル変化がないことを確認しております。


キセノンウエザー試験結果

特徴3 シート形状

 しなやかで使いやすい粘着剤のついたフィルムと、強靭かつしなやかな帆布の2種類の形態がございます。


製品外観

適用例

 倉庫を用いての実証試験、ヘルメットでの実証試験を行った結果をご紹介します。

SPACECOOL™を用いた実証試験結果

今後の展開

 日米を拠点にするベンチャーキャピタルのWiLさまと、大阪ガスが共同で運営するSPACECOOL社は、2021年5月から放射冷却素材の宣伝や生産を進め、夏頃に販売を開始する予定です。
 帆布は外装に膜材料を用いた膜建造物での利用など、フィルムはコンテナ倉庫への貼付での利用など、今後、幅広い利用シーンを想定した開発を進めてまいります。


企業ロゴ


用途例


SPACE COOL社のHPはこちら

関連コンテンツ

NEW TOPICS

新着トピックス

技術トピックを探す

THEME SEARCH

技術と人から知る

TAG SEARCH

キーワードで探す