Daigas Group 大阪ガスグループは、Daigasグループへ。

CLOSE
シミュレーション・データ分析

IoTデータ分析基盤の構築

概要

 IoT対応製品である、エネファームやエコジョーズなどのIoTデータから、さらなる付加価値を創出するために、素早く分析し,活用できる『IoTデータ分析基盤』を構築をしています。

目的

 近年、大阪ガスでは、ガス機器のIoT化が進んでいます。エネファームの場合、数分おきにデータを収集し、かつ、10万台を超える台数を販売しているため、テラバイト以上のデータを保有しています。
 このようなIoTデータは①データ量が多い、②データの密度が低く、活用には集計が必要、といった性質から活用方法がこれまで限定的で、一部の社員に限られるという課題がありました。
 そこで、このような性質をもったIoTデータを、より多くの社員が活用することが可能な環境構築を目指しています。

構築方法

 様々な機器のIoTデータを、ETL処理を施しながら、クラウド上のデータウェアハウスで一元管理を行います。そしてBI/マネジメントツールでデータの閲覧権限を適切管理し、利用ユーザーの所属や利用用途に応じたデータ/情報の提供を可能にしています。データサイエンティストに対しては、クラウド上で素早く機械学習ができる環境を提供することで、高度なデータ分析の実施を可能にしています。

項目2

効果

 Iotデータ分析基盤を構築し、社内でより使いやすいデータ活用の仕組みを整備することで、従来は限られた社員でしかIoTデータの活用が出来ていませんでしたが、あらゆる社員に、素早く、IoTデータの集計・分析結果を共有することが可能にし、業務効率の向上を目指します。
 また、データサイエンティストによる、IoTデータを用いて機械学習等により、これまで見出せなかった新たな価値を創出することを目指していきます。

関連コンテンツ

NEW TOPICS

新着トピックス

技術トピックを探す

THEME SEARCH

技術と人から知る

TAG SEARCH

キーワードで探す