Daigas Group 大阪ガスグループは、Daigasグループへ。

CLOSE
  1. 総合TOP
  2. 企業情報
  3. 取り組み・活動
  4. 技術開発情報
  5. コンパクトな増設ガスコンセント
供給設備・材料・工法

コンパクトな増設ガスコンセント

概要

 大阪ガス ネットワークカンパニーでは、施工性や操作性を確保した、業界最小の増設用ケース型ガスコンセント※を開発しました。
※新設時にガス栓がなくても、新たに設置できる専用のガス栓です。FH(ファンヒーター)等が使用できるようになります。

開発品の特徴

【コンパクト(業界最小サイズ)】
設置面積を大幅に削減しました。(従来より上面接続型:43.5%減、背面接続型:49.0%減)

【施工性】
ビス止め作業のみで施工が完了します。(従来同様、簡易な施工性を確保)

【操作性】
ケース側面を押し下げて接続具の取外しが可能です。(上面接続型)
ケース上部のボタンを押して接続具の取外しが可能です。(背面接続型)

【デザイン性】
室内の電気コンセントや壁面との親和性に優れたデザインです。(色調はホワイト)

項目1

背景・目的

 壁表面に増設用として設置できるケース型ガスコンセントは、従来2方向(上面・背面)の配管経路を1品種で対応可能としていたため、材料準備面では優れていたが、コンパクト性に欠けるという課題がありました。そこで、ガスコンセント本体の構造や接続具の着脱機構を見直しながら、上面接続、背面接続を専用化し、コンパクト化を図りました。

項目2

開発ポイント

【上面接続用】
2014年に開発したストレート型ガスコンセント※を本体に採用し、側面押し下げの着脱機構とすることで、操作性を確保しながらコンパクト化を実現しました。
※従来のL型ガスコンセント(下表参照)内部の安全機構を開発することにより、ガスコンセントの入口側と出口側を同一直線上の構造にし、狭い場所でも設置可能としました。このコンパクトな特性をケース型ガスコンセントに応用しました。

【背面接続用】
従来、壁面に平行に設置されていたL型ガスコンセントを、背面接続用として壁面に垂直に設置させ、上部押しボタンの着脱機構とすることで、操作性を確保しながらコンパクト化を実現しました。

項目3

参考

 お部屋にガス栓がなくても上記のようなガス栓を取付けることで、FH等が使用できるようになります。

【増設工事(プラスライン)の詳細・見積】
https://home.osakagas.co.jp/search_buy/plus_line/index.html

関連コンテンツ

NEW TOPICS

新着トピックス

技術トピックを探す

THEME SEARCH

技術と人から知る

TAG SEARCH

キーワードで探す