Daigas Group 大阪ガスグループは、Daigasグループへ。

CLOSE
  1. 総合TOP
  2. 企業情報
  3. 取り組み・活動
  4. 技術開発情報
  5. 業界初の新技術「エリアセンサー」を搭載した ビルト...
調理

業界初の新技術「エリアセンサー」を搭載した
ビルトインコンロ「AVANCE(アバンセ)」の開発

概要

 大阪ガス(株)は、コンロバーナーに手前側から物や袖などが近づいたことを検知して火力を自動でコントロールする、コンロ業界初の新技術である「エリアセンサー」(※1)機能を搭載したビルトインコンロ「AVANCE(アバンセ)」(※2)を(株)パロマと共同で開発し、2019年6月に発売しました。
                                     (※1)「エリアセンサー」は大阪ガス(株)の登録商標
                                     (※2)「AVANCE(アバンセ)」は(株)パロマの登録商標

開発の背景

 ガスコンロを起因とする事故として、調理中の炎が袖口などに引火することによる着衣着火事故があります。これに対して、大阪ガスでは長年にわたってコンロを安心・安全にお使いいただくための技術開発に取り組んでおり、これまでに中火点火機能や鍋なし検知機能などを搭載してきましたが、今回、新たな機能として「エリアセンサー」を開発しました。

項目1画像

業界初の新技術「エリアセンサー」

 「エリアセンサー」とは、コンロ手前から物や袖口などがバーナーに近づくとそれを検知して火力を自動で弱火にするなどの制御を行う機能で、赤外線式測距センサー9個で構成されています。

  コンロ天板の3か所に配置した赤外線式測距センサーによって物や袖口などの侵入高さを計測し、着火の可能性のある高さに侵入したときのみに自動で火力制御を行うことで、安心・安全と調理性の両立を実現しています。

  具体的には、トッププレートからの高さが約11cmまでの高さにある物や袖口などに対して、火力を自動で制御します。

項目2

AVANCEの評価

 2019年に開催された第13回キッズデザイン賞の「子供たちの安全・安心に貢献するデザイン部門(一般部門)」で、ガスコンロでは初めてとなる優秀賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。 「特にエリアセンサーは、画期的な機能として目を引く」とのコメントとともに、あらゆる年齢層にとって有効な安心安全対策がとられた調理機器の好例として高く評価されました。

 また、一般財団法人日本消防設備安全センターから、消防防災の分野で有効に活用できる製品であると認められ、消防防災製品の推奨認定を調理機器で初めて取得しました。

項目3

関連コンテンツ

NEW TOPICS

新着トピックス

技術トピックを探す

THEME SEARCH

技術と人から知る

TAG SEARCH

キーワードで探す