Daigas Group 大阪ガスグループは、Daigasグループへ。

CLOSE

概要

連続式フライヤーは給食、仕出し、コンビ二ベンダーなどで使用されている。
ガス式の従来機は以下の問題点を抱えている。
 ・排気ガスが高温(500℃程度)のまま、生産現場に排気されて作業環境の悪化を招く。
 ・効率が40%程度で低いため、燃料コストが高くなる。
 ・油槽の加熱ムラができ、局所加熱された油の劣化が促進される。
これらの問題点を解決できる高効率連続式フライヤーを開発した。

各種加熱方式フライヤーの比較

各種加熱方式フライヤーの比較

主仕様

主仕様

機器の特徴

機器の特徴

 

加熱方式の工夫により高効率化を実現。排気温度を油温以下の100℃未満まで低減でき、作業環境改善に寄与!

加熱方式の工夫略図

 

油循環ポンプにより出口温度を高温でキープできるので食感向上!

 

油の局所加熱減少による酸化抑制、油切れ改善による油使用量が削減!

関連コンテンツ

NEW TOPICS

新着トピックス

技術トピックを探す

THEME SEARCH

技術と人から知る

TAG SEARCH

キーワードで探す