Daigas Group 大阪ガスグループは、Daigasグループへ。

CLOSE
防災

地震被害予測システム

概要

 地震発生直後に被害状況を把握するため、地震計のデータや事前に入力しておいた地盤情報などから、ガス管の被害状況を予測する「地震被害予測システム」を開発導入しています。このシステムは兵庫県南部地震の分析結果を元に開発され、本社の中央保安指令部で常時稼動しています。

特徴

1.地震発生時の地震被害予測
 供給エリアに設置された地震計の情報から、各地の被害(ガス管の被害や、家屋の倒壊状況)を予測します。この被害予測をもとに、復旧計画の立案を行い、早期の復旧着手が可能となりました。

2.想定地震(断層や震源を設定)に対する被害シミュレーション
 様々な断層や震源を想定した被害シミュレーションができるため、想定地震に対して事前に地震対策を立てることが可能となりました。

出力イメージ

1.地震規模の把握

2.被害の全容把握

3.被害の集計表

関連コンテンツ

NEW TOPICS

新着トピックス

技術トピックを探す

THEME SEARCH

技術と人から知る

TAG SEARCH

キーワードで探す