Daigas Group 大阪ガスグループは、Daigasグループへ。

CLOSE
  1. 総合TOP
  2. 企業情報
  3. 取り組み・活動
  4. 技術開発情報
  5. 開発者インタビュー
  6. 家庭用燃料電池「エネファーム type S」

DEVELOPER INTERVIEW

開発者インタビュー

家庭用燃料電池「エネファーム type S」

コンパクトで高効率な家庭用燃料電池の開発

2012年4月に発売した「エネファーム type S」は、2003年発売の「エコウィル」、2009年発売の「エネファーム」に次ぐ大阪ガスで3種類目の家庭用コージェネレーションシステム。
「エネファーム type S」は先行の2種よりも発電効率の高い固体酸化物形燃料電池(SOFC)であり、初号機は2012年4月に発売しました。それ以降も、高効率化、コストダウンを進め、2013年、2014年に新機種を発売してきました。
これらの開発、改良に携わった技術者たちが、さまざまな課題をどのように解決したのか、「エネファーム type S」の基幹部となるセルスタック・ホットモジュール部を担当した鈴木氏、井上氏、システムを担当した安原氏、岩見氏に、商品化への開発秘話を語って頂きました。

MEMBER

リビング事業部

  • 商品技術開発部 SOFC開発チーム シニアリサーチャー 工学博士 鈴木 稔
    商品技術開発部 SOFC開発チーム シニアリサーチャー 工学博士

    鈴木 稔

  • 商品技術開発部 SOFC開発チーム 副課長 リーダー 井上 修一
    商品技術開発部 SOFC開発チーム 副課長 リーダー

    井上 修一

  • 商品技術開発部 SOFC開発チーム 副課長 リーダー 安原 健一郎
    商品技術開発部 SOFC開発チーム 副課長 リーダー

    安原 健一郎

  • 商品技術開発部 SOFC開発チーム 係長 岩見 潤
    商品技術開発部 SOFC開発チーム 係長

    岩見 潤

お客さまのニーズに合わせた改良機開発とさらなる挑戦

岩見このチームでは私はまだまだ新人で、加わったのは2011年。初号機には、発売前の短い期間だけ関わりました。

鈴木その前は開発とはまったく違う部門にいたからね。

岩見ここの燃料電池技術は世界トップランクでSOFCの商品化も近いと以前から注目していて、自分もぜひ関わりたいと考え、自ら異動を志願しました。


鈴木いまではメーカーさんとの間で、仕様内容などをまとめる主担当。改良機の開発には大きく関わっているよね。

お客さまのニーズに合わせた改良機開発とさらなる挑戦

岩見改良機では、システムの再検討などを主体として、よりお客さまのニーズに合った機能をプラスしていくことも課題でした。停電時の自立機能やLPガスへの対応もそうですし、外付けだった電装基板をうまく内蔵化すれば、コストを下げられ施工性も良くなるのではとか、いろいろと試みましたね。

安原基板の内蔵については、レイアウト次第で内部スペースが使えるのではないかと、メーカーさんに提案しました。ただ、外側はすっきりするけれど、今度は配線が一カ所に集まり設置時に施工しにくくなる問題が出てくる。そこは、岩見君が中心になって、メーカーさんと施工サイドの要望をすりあわせながら、いまのかたちを実現した。

岩見デザイン的にもさらに良くなったということで、グッドデザイン賞も継続していただくことができましたね。

安原今後の一番の課題は、やはり、より一層の低価格化を実現して、お客さまの裾野を広げていくことですね。さらに小型化を進め、将来は集合住宅にも設置していけるようにしたいという夢もありますが、そこで求められるコストのレベルはもっと低くなるし、求められる機能のレベルや信頼性はさらに高いものになるでしょうね。

井上コストに関しては、今はセルスタックの影響が大きいので、発電性能をさらに上げながらコストを下げるとことを共にやっていく。その先にしか解はないでしょうね。

岩見最近まで、高温部分には樹脂部品を使ってはいけないという規制がありました。しかし規制緩和の働きかけにより、樹脂部品の使用が認められたことで、コストが大きく下がる見通しが立ちました。今後もそういった面での規制緩和を、技術者の側から安全性を示し、働きかけていくことも試みたいですね。

鈴木発電効率がさらに上がると、電気とお湯との関係上、もう少しタンクを小さくしてもメリットが出せる。するとよりコンパクトにもできる。コストダウン、高効率、コンパクトを全部追っていっても、必ずしも相反するものではない。ということで、我々に今後も求められているのは、次のステップへの絶えざる挑戦ということです。

関連リンク

このページのトップへ戻る