Daigas Group 大阪ガスグループは、Daigasグループへ。

CLOSE

DEVELOPER INTERVIEW

開発者インタビュー

スマートエネルギーハウス

我慢しないで省エネができる快適な暮らしをめざした居住実験

いま、家庭でのCO2排出量削減と便利で快適な暮らしを両立させる「スマートエネルギーハウス」の開発が進んでいます。2011年2月から開発者自らが家族とともに暮らし、省エネ性、利便性、快適性を検証する居住実験が始まりました。今回は、開発の主担当であり、居住実験住宅の居住者でもある山下さんに、燃料電池・太陽電池・蓄電池の3電池システムと先進の住宅設備を集めた「スマートエネルギーハウス」での暮らしぶりについて尋ねました。

MEMBER

エンジニアリング部

  • エンジニアリング部 スマートエネルギーハウス推進室 山下 真
    スマートエネルギーハウス推進室

    山下 真

スマートエネルギーハウスの早期実用化に向けて

実証実験開始からほぼ1年を経て、妻が働き始めたり、子どもが幼稚園に通い出したりと我が家の暮らしも変わってきました。今回の実験結果は、あくまで1家庭のデータかもしれませんが、生活の変化とエネルギーデータの変化の関連を結びつける貴重なデータであり、今後はこの居住実験データをベースに、一般化するために必要なシミュレーションを行うなど分析を進めていく予定です。

スマートエネルギーハウスの早期実用化に向けて

3電池を用いた際の省エネ効果や経済メリットの更なる向上、導入機器のコストダウン、そして、3電池と住宅設備や電気自動車等を連携させていくための技術開発等、まだまだ課題は山積みです。しかし、東日本大震災以降、エネルギー政策が抜本的に見直されようとしている中、スマートハウスに対する社会の関心はここにきて一気に高まりを見せており、明らかにこれまでとは違う風が吹き始めました。この居住実験を通じ、スマートエネルギーハウスの早期実用化を目指すとともに、スマートエネルギーハウスの核である燃料電池の優位性、ガスで発電する住宅のメリットを、社会にしっかり発信していきたいと考えています。

関連リンク

このページのトップへ戻る