Daigas Group 大阪ガスグループは、Daigasグループへ。

CLOSE

DEVELOPER INTERVIEW

開発者インタビュー

スマートエネルギーハウス

我慢しないで省エネができる快適な暮らしをめざした居住実験

いま、家庭でのCO2排出量削減と便利で快適な暮らしを両立させる「スマートエネルギーハウス」の開発が進んでいます。2011年2月から開発者自らが家族とともに暮らし、省エネ性、利便性、快適性を検証する居住実験が始まりました。今回は、開発の主担当であり、居住実験住宅の居住者でもある山下さんに、燃料電池・太陽電池・蓄電池の3電池システムと先進の住宅設備を集めた「スマートエネルギーハウス」での暮らしぶりについて尋ねました。

MEMBER

エンジニアリング部

  • エンジニアリング部 スマートエネルギーハウス推進室 山下 真
    スマートエネルギーハウス推進室

    山下 真

住宅設備や車まで連携した自動制御をめざして実験を繰り返す

ところで、居住実験住宅に電動シャッターや通風ファンなどさまざまな自動機器を導入していますが、これは、単に近未来の住宅ということではなく、HEMSで自動制御し、3電池システムと連携させることで、さらなる省エネや快適性の向上に結びつけようという取り組みです。2階の子供部屋では電動シャッターや電動カーテンによる夏場の日射遮蔽や冬場の日射取り込みに関する効果測定実験を行ったり、主寝室では通風ファンによる予冷効果の測定実験を行いました。一時的に子供部屋に入れなかったり、主寝室で寝ることができなかったりと生活に多少の制約は受けるものの、こういった実験を行うたびに開発者である自分が居住者であって本当によかったと痛感させられます。

子供部屋の測定実験風景

子供部屋の測定実験風景

また、3電池システムと電気自動車との連携を見据えた実験も行っています。将来的には、家庭用蓄電池を電気自動車で代替することを視野に入れた取り組みです。2011年度は3電池との連携を行うために必要となる電気自動車の走行データを取得、2012年度にシステム開発や機能検証を実施することで、2013年度の総合実証試験に向けた準備を進めています。

このページのトップへ戻る