Daigasグループの取り組みご紹介

〜こんなとこにもDaigasグループ〜

大阪ガスUSA

米国でもエネルギー事業を展開!石油・天然ガス・発電の開発・投資

2020.03.04

米国でもエネルギー事業を展開!

米国での石油・天然ガスの開発や、IPP(※)投資を行う大阪ガスUSA(OGUSA)。近年では、米国の北東部を中心に天然ガス火力発電所を取得し、燃料調達や電力販売など、米国における発電事業ノウハウの蓄積も進めています。

上流事業チームで働くトレース・ホームズさんは、石油・天然ガスの掘削や操業を行う土地の調査活動、所有者との交渉、契約書類の作成・管理などを、法的知識を活かして担当しています。また、新たなビジネスチャンスの獲得のため、最新の市場動向の調査や業界のイベントへの出席も欠かしません。昨年7月に、大阪ガスが米国シェールガス会社であるサビン社の買収を行った際には、チームの仲間たちとともに案件評価を実施。日本企業として初めての、米国シェールガス会社の買収を実現しました。
「どれほどのことを達成できるかを決めるのは、その人の姿勢次第です。どんな困難な状況に直面しても、成長するチャンスだと前向きに捉えて、仕事に取り組んでいます」と、トレースさん。

トレースさんが、Daigasグループの3つのマインドの中で大切にしているのは『誠心誠意・使命感』。
「世界や、特定の業界に大きな影響を与えるためには、積み重ねた知識を活かし、誠心誠意、目的意識をもって、自ら進んで仕事をしなければなりません。大阪ガスが掲げるあらゆる目標を達成し、実現できるように、使命感をもって懸命に取り組んでいます」と力強く語ってくれました。

Daigasグループはこれからも、新たな挑戦を続けていきます。

(※)IPP:Independent Power Producer、独立系発電事業者。

写真一覧

※クリックすると写真が拡大表示されます

  • ヒューストンで開催された海洋開発関連展示会(OTC)にて、掘削機の前でチームのメンバーと
  • 上流事業チームでプロバスケットボールチーム「ヒューストンロケッツ」の試合を観戦しました
  • オフィスで仕事をするトレースさん
  • トレースさんとご家族
  • SHARE