社会の持続的な発展を可能にするため、事業者による方針策定、計画立案、具体的取り組み等の促進を目指して、国際的NGOである「グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)」が作成したサステナビリティ報告書スタンダードです。事業者は、自らが経済、環境、社会に与える著しいインパクトを特定し、マテリアルな項目として報告することが求められています。2000年にガイドライン第1版が発行されて以降、改訂を重ね、2016年にガイドライン形式からスタンダード形式に移行しました。共通スタンダードとして、「一般開示事項」と「マネジメント手法」を、項目別スタンダードとして、「経済」「環境」「社会」のなかからマテリアルと特定した項目を開示する必要があります。正式な名称は、GRIサステナビリティ・レポーティング・スタンダードといい、発行日は2018年7月1日です。