2006年に、当時の国連アナン事務総長の呼びかけによって、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)」と国連グローバル・コンパクトが共同で作成した原則で、機関投資家は投資の意思決定プロセスにESG(Environmental:環境、Social:社会、Corporate Governance:企業統治)を配慮するべきであると宣言したものです。Principles for Responsible Investmentの略。