遺伝子という資源を守り、保存するほか、個体を増やして自生地の個体群を回復させるなどの役割をもった施設のことで、主として、絶滅が心配されている野生植物、また最近急に減ってきている野生植物を対象としています。