レジリエンス(Resilience)/レジリエント(Resilient)とは、一般的に大きな力で変形してもしなやかに回復するという意味です。近年では、日本政府が進める国土強靭化政策のなかで、首都直下型地震や南海トラフ巨大地震などの自然災害リスクへの対応力(防災・減災)を指す言葉として使われています。