カーボンプライシング(Carbon Pricing)とは、CO2などの温室効果ガス(GHG)の排出に価格付けを行うことです。企業や家庭が排出量に応じて負担することで、GHGの排出削減を促す施策のことをいいます。主に、化石燃料の使用に伴うCO2排出量に応じて課税する「炭素税」と、CO2の排出超過分や不足分を国同士や企業間で取引する「排出量取引制度」があります。