電力需要のピークにあたる時間帯の電力消費を低く抑えることをいいます。電化製品の設定変更や使い方を工夫したり、使用時間をずらしたりすることで、節電・ピークカットに貢献できます。