ゴマノハグサ科の多年草で海岸の砂地に育成し、8-10月に黄白色の花を咲かせます。近年、海岸の埋め立てが進んだことから育成場所が減少し、兵庫県の絶滅危惧種Aランクに指定されています。