特集2 都市ガス原料の
低炭素化・脱炭素化へ
メタネーション関連技術の進展に貢献

特集2 都市ガス原料の低炭素化・脱炭素化へメタネーション関連技術の進展に貢献
  • 家庭用燃料電池「エネファーム」によるバーチャルパワープラント(VPP)構築実証実験を開始
  • 都市ガス原料の低炭素化・脱炭素化へメタネーション関連技術の進展に貢献
  • 昼間ゼロエネルギーで冷却できる放射冷却素材を開発
Daigasグループが貢献できる目標

SDGsに貢献する技術

都市ガス業界は、都市ガス原料の低炭素化・脱炭素化にチャレンジするべく、メタネーション関連技術のイノベーションに取り組んでいます。
メタネーション技術は、水素とCO2を原料として都市ガスの主成分であるメタンを生成するカーボンリサイクル技術です。
この技術によって生成されたメタンを都市ガスの主成分として利用できれば、既存の都市ガスインフラや需要家側設備を活用し、社会コストを削減しながら都市ガス自体を脱炭素化することができるため、温室効果ガス(GHG)削減に向けて期待されています。

Daigasグループのイノベーション

大阪ガスは、(一社)日本ガス協会と連携してメタネーションの進展に貢献していきます。
その一つとして、「SOEC共電解・メタン化反応技術」については、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「CO2有効利用技術の先導研究(CO2直接分解)」事業(2019-2020年度)に採択され、(国研)産業技術総合研究所とともに基礎研究を進めています。
ここではSOEC※1という技術を用いて、CO2と水蒸気を再生可能エネルギー電力等により電気分解(共電解※2)することによって水素とCOを生成し、メタン化反応※3によりメタンを合成します。
この技術では、メタン化反応で発生する熱などを有効利用することにより、共電解に必要な電力を削減できるため、エネルギー変換効率が非常に高いという特長があります。
現在は基礎研究の段階ですが、当社が蓄積してきた燃料電池や触媒のコア技術を活用しながら、将来の都市ガス原料の脱炭素化を目指して取り組んでいます。

Daigasグループのイノベーション
  • ※1 Solid Oxide Electrolysis Cell:固体酸化物形電解セル。SOFC(Solid OxideFuel Cell:固体酸化物形燃料電池)の逆機能デバイス。
  • ※2 共電解反応の反応式:CO2+3H2O(+電力)→ CO+3H2(+2O2)(吸熱反応)
  • ※3 メタン化反応の反応式:CO+3H2 → CH4+H2O(発熱反応)