このページの本文へ移動します。

トピックス

オージス総研のお弁当と自動販売機で社会貢献の取組み〜TABLE FOR TWOに参加〜

 関係会社の株式会社オージス総研は、10月より本社ICCビル(大阪市西区千代崎)で販売しているお弁当を購入することで社員が社会貢献できるしくみ「TABLE FOR TWO」を開始しました。また、東京オフィス(東京都港区芝浦)の自動販売機でも「CUP FOR TWO」を開始します。
 TABLE FOR TWO(以下、TFT)とは、特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalによる社会貢献プログラムです。飽食の問題を抱える先進国ではヘルシーメニューのお弁当等でカロリー摂取を抑える効果を生み出し、一方で食料難のアフリカの子どもたちの一食分の給食が寄付によって賄われるという、「メタボ」と「貧困」の社会問題を同時に解決しようとするしくみです。
 株式会社オージス総研の本社ICCビルでは、お弁当を提供していただいている株式会社ASSホールディングスさまに協力していただき、カロリーが控えめなメニューを考えていただきました。また、東京オフィスでは、自動販売機をメンテナンスしてくださっている株式会社八洋さまに協力いただきまして無糖コーヒーやお茶等の対象となるドリンクを設置しました。
 これらのカロリー控えめのTFTメニューのお弁当やドリンクを購入することにより、20円(購入者負担:10円、オージス総研負担:10円)が、特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalを通じて、アフリカの子供たちの学校給食代として寄付されます。昼食一食またはドリンク1本による寄付の20円は、アフリカの子供の一食分の給食費に相当し、これがTABLE FOR TWO「二人の食卓」という名前の由来となっています。
オージス総研では、今後も従業員と一緒に社会問題解決に取り組んでいきます。
  
問合せ:株式会社オージス総研 社会貢献活動推進室
住所:大阪市西区千代崎3丁目南2番37号
E-mail:hajimarukun@ogis-ri.co.jp

TABLE FOR TWO公式サイト(http://www.tablefor2.org/ 

(1)TABLE FOR TWOのしくみ
(1)TABLE FOR TWOのしくみ
(2)Cup For Twoのしくみ
(2)Cup For Twoのしくみ

ステークホルダーコメント

特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
代表理事 小暮真久





皆様、こんにちは。TABLE FOR TWO代表の小暮真久です。僕たちは、餓えている人間と、メタボの人間が同じ地球上にいる事実をなんとかしたいという想いで、日本発の社会運動を三年前に立ち上げました。現在は、企業、官公庁、大学、病院などの食堂、そしてコンビニなどでTABLE FOR TWOの仕組みが取り入れられています。この運動を日本全国に広め、さらには世界に進出させるために、皆様のさらなるご支援を必要としています。引き続きのご支援よろしくお願いいたします。

代表理事 小暮真久 様

DaigasグループのCSR

トップコミットメント
Daigasグループの
経営とCSR
Daigasグループ
CSR方針集
特集 持続可能な開発目標
(SDGs)への貢献
コーポレート・ガバナンス
ステークホルダー
エンゲージメント
Daigasグループの
バリューチェーン
優先的な取り組み
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と
持続可能な社会への貢献
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
ESGデータ集
報告について
このページのトップへ戻る
トップコミットメント
Daigasグループの経営とCSR
インデックス
Daigasグループ企業理念・
CSR憲章
Daigasグループ企業行動基準
国連グローバル・コンパクトと
ISO26000
長期経営ビジョン2030
中期経営計画2020
DaigasグループCSR方針集
特集
持続可能な開発目標(SDGs)
への貢献
社会の課題にエネルギーで応える
SDGsの社内浸透活動
コーポレート・ガバナンス
コーポレート・ガバナンス
リスクマネジメント
CSRマネジメント
ステークホルダー
エンゲージメント
ステークホルダーとの対話と協働
ステークホルダーへの対応
Daigasグループの
バリューチェーン
バリューチェーンにおける
CSRの取り組み
主なエネルギーバリューチェーンが
社会に与える影響とCSRの取り組み
サプライチェーンにおける
CSRの取り組み
電力・ガスシステム改革
優先的な取り組み
マテリアリティについて
顧客の安全衛生
製品・サービスの安全表示
エネルギー消費量/
大気への排出
排水および廃棄物
地域コミュニティ
顧客プライバシー
苦情処理の仕組み
サプライヤーの評価
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
インデックス
CSR指標
安心・安全1 調達段階
安心・安全2 製造段階
安心・安全3 供給段階
安心・安全4 消費段階
お客さまの声を生かす
取り組み
新たな価値提案
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と持続可能な
社会への貢献
インデックス
CSR指標
環境経営
環境行動目標
Daigasグループ
バリューチェーンの環境負荷
(2017年度)
気候変動によるリスクと機会
CO2排出削減効果の評価方法と
実績
低炭素社会実現に向けた
事業活動における貢献
低炭素社会実現に向けた
お客さま先での貢献
資源循環に向けた取り組み
生物多様性への取り組み
環境技術への取り組み
環境リスクへの対応
グリーン購買、
グリーン配送の促進
環境コミュニケーション
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
インデックス
CSR指標
社会貢献活動
企業ボランティア活動
「“小さな灯”運動」
社会とのコミュニケーション活動
財団活動
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
インデックス
CSR指標
コンプライアンスの推進
人権啓発への取り組み
個人情報保護の取り組み
情報セキュリティ
お取引先の方などからの
相談・報告
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
インデックス
CSR指標
雇用
多様性の受容
ワーク・ライフ・バランス
人材育成と処遇
従業員と会社のコミュニケーション
安全衛生
ESGデータ集
環境パフォーマンスデータ
社会データ
ガバナンスデータ
報告について
CSR報告方針
外部からの評価・表彰
第三者意見・第三者検証
レポートダウンロード
創業110年の歩み
ガイドライン対照表
CSRレポート2018
用語集
目的別検索
アンケート
トピックス
バックナンバー
CSRサイトマップ