CSR指標について

マネジメント手法

基本的な考え方

仕事を通じて人間的成長を図ることができる企業を目指し、従業員の個性と自主性を尊重した人事制度や、多様な人材が活躍できる基盤づくりに努めています

Daigasグループでは、雇用の確保に努めるとともに、全ての従業員が仕事を通じて人間的成長を図ることができる企業を目指しています。そのために、従業員の個性と自主性を尊重し生かすための育成コース別の人事制度を導入し、様々な研修を実施しています。さらに「Daigasグループダイバーシティ推進方針」を制定し、多様な人材が活躍するDaigasグループを目指しています。また、従業員の安全の確保と健康な心身の維持向上が全ての業務の基盤であると考え、労働災害の防止、健康づくりなどに取り組んでいます。

社員意識調査(やりがい、愛着度)

大阪ガスでは「社員意識調査」を実施し、社員が自分の業務や職場環境・上司・制度等について日頃どう考えているかを継続的に調査しています。「仕事のやりがい」「会社への愛着度」など、カテゴリーそれぞれの社員の満足度(5段階評価)や自由意見を確認しています。

目標と実績

「社員意識調査」は、社員意識の経年変化および人事制度の定着・運用状況を確認することを目的に数年に1回実施しています。直近の調査は2018年度に行い、「仕事のやりがい・会社への愛着度」や「人事制度に関する満足度」において下記の結果となりました。

目標 実績
やりがい、愛着度 適正な水準を維持 適正な水準を維持
(やりがい3.86、愛着度4.25/各5段階)

取り組み

「社員意識調査」の実施

「社員意識調査」は、社員が自分の業務や職場環境・上司・人事制度についてどのように考えているか、また企業理念や経営ビジョン、目まぐるしく変化する事業環境に対する認識を確認するものです。個々の社員が「仕事のやりがい」「会社への愛着度」など、カテゴリーそれぞれの満足度を5段階評価するとともに、自由意見を記入しました。これら調査結果は事業成長の源泉と考え、やりがいをもって仕事に挑戦できる職場風土の醸成とそれらを推進するより良い施策検討に活用します。

■社員意識調査の経年の推移
  2007年度 2009年度 2012年度 2014年度 2018年度
回答者数・率     5,984人
(85.2%)
5,897人
(86.2%)
5,118人
(88.2%)
会社への愛着度 4.07 4.36 4.38 4.38 4.25
仕事のやりがい 3.74 3.80 3.89 3.85 3.86