環境コミュニケーション

取り組みの背景・考え方

低炭素社会の実現には、一企業の活動だけにとどまらず、社会全体として環境意識を高め、省エネルギーに向けて行動することが重要になります。Daigasグループは、従業員一人ひとりの環境意識を高める活動や、展示会等を通じた社会への啓発活動、様々な環境・経済団体の活動支援と活動の参画に取り組んでいます。また、次世代を担う子どもたちにエネルギーや環境について学んでもらうための出張授業などを積極的に実施しています。

従業員の環境教育や各種団体への参画

環境月間に多彩な活動を展開

毎年、環境月間の6月には、Daigasグループの従業員が様々な環境活動への取り組みを展開しています。事業所の省エネルギー、環境保全、社内外への環境教育、地域の環境イベントや清掃活動への参画などを通じて、一人ひとりの活動が環境と深くかかわっていることを改めて認識するとともに、環境と調和した社会に貢献する取り組みを継続する機会としています。

各種団体・活動への参画

  • 大阪ガスは、(一社)日本経済団体連合会の自然保護協議会、世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)、こども環境活動支援協会(LEAF)、大輪会等を通じて環境保全活動に参画するとともに、業界団体の一員として「経団連 低炭素社会実行計画」等にも積極的に取り組んでいます。
    また、COP(気候変動枠組締約国会議)、IGU(国際ガス連盟)への参加を通じて、気候変動をはじめとした環境課題に関する政策・技術などに関する世界の最新情報を入手するように努めています。
  • WWFジャパン会員証大阪ガスは1983年より法人会員としてWWFジャパンを継続支援しています

    WWFジャパン会員証
    大阪ガスは1983年より法人会員として
    WWFジャパンを継続支援しています

環境啓発活動

「環境シンポジウム2019」を開催

  • 大阪ガスでは、毎年6月に主に従業員向けの「環境シンポジウム」を開催し、環境啓発に努めています。2019年度は、7月22日に本社ガスビル(大阪市中央区)で開催し、約190人が参加しました。
    今回のシンポジウムでは、日本エネルギー経済研究所 理事 工藤拓毅さまより「パリ協定下の地球温暖化対策の展開をどうみるか 〜最近の動向と今後の留意点〜」、東京大学 公共政策大学院 客員教授 角和昌浩さまより「地球温暖化シグナルを捉えるシナリオプランニング 〜シェルプロジェクトの事例から〜」を、それぞれご講演いただきました。
    なお、ガスビル(会場)の、当日のCO2排出量(約2t-CO2)については、お客さま先へのガスシステム導入で得た当社のクレジットでオフセットしました。
  • 日本エネルギー経済研究所 理事 工藤拓毅さま

    日本エネルギー経済研究所
    理事 工藤拓毅さま

    東京大学 公共政策大学院 客員教授 角和昌浩さま

    東京大学 公共政策大学院
    客員教授 角和昌浩さま

環境関連の展示会への出展

「びわ湖環境ビジネスメッセ2019」に出展

  • 大阪ガスは2019年10月16日から18日までの3日間、長浜バイオ大学ドームで開催された環境イベント「びわ湖環境ビジネスメッセ2019」に出展しました。
    今回は、SDGsへの取り組み、先進技術を用いた環境への取り組み、スマートエネルギーネットワーク、高効率なエネルギーシステムであるガスコージェネレーションや燃料電池について訴求しました。
    総来場者数は約2万6千人で、当社のブースにも企業、学生を中心に多数の方にご来訪いただきました。
  • 「びわ湖環境ビジネスメッセ2019」

    「びわ湖環境ビジネスメッセ2019」