安心・安全3 供給段階

特定したマテリアリティ
  • 顧客の安全衛生

    416-1

取り組みの背景・考え方

都市ガスの安定供給を支えるため、計画的な設備更新やパイプライン網の整備に努め、より高い供給安定性を確保する基盤の強化を進めてきました。
ガス導管の経年化対策、整圧器(ガバナー)の水害対策の実施により、大規模災害時のレジリエンスを高めるとともに、24時間365日の緊急出動体制を構築し、不測の事態の備えにも万全を期しています。保安の技能向上と伝承を図るため、保安に携わる人材育成にも努めています。
また、電力・ガスシステム改革による2022年の法的分離への対応に備え、2019年4月1日に導管事業部の組織名を「ネットワークカンパニー」に変更するとともに、組織の中立性・透明性を高め、独立した事業体とする準備を進め、事業環境の変化に対応します。

都市ガスの供給フロー

製造所で製造された都市ガスは、高圧または中圧で送り出され、その後、ガスホルダーでの貯蔵や整圧器(ガバナー:ガスの圧力を一定の範囲に調整する装置)での圧力調整を経て、お客さまにお届けしています。

都市ガスの供給フロー

広域パイプライン網の整備

ガス導管の広域網の形成

Daigasグループは、近畿圏を中心に6万kmを超えるパイプライン(ガス導管)網を張り巡らしています。製造所から高圧で送り出した都市ガスは、その後、パイプラインの随所に設置した整圧器で中圧、低圧と徐々に圧力を下げていきます。こうして、工場・オフィスビル・ご家庭等、供給エリアのすみずみまで、安全かつ安定的にガスをお届けしています。
大阪ガスは、こうしたパイプライン網を長期的な供給計画に沿って拡充しています。

■Daigasグループの都市ガスサービスエリア
Daigasグループの都市ガスサービスエリア

供給時の安全対策

ガス導管の維持管理

  • 大阪ガスは、パイプライン(ガス導管)を通じて都市ガスをお客さまにお届けしています。したがって、ガス導管の安全確保と適切な維持管理を最重要課題の一つと考え、古い金属製のガス管については、耐久性と耐震性に優れたポリエチレン(PE)管への入れ替え工事を進めています。
  • 強度に優れたポリエチレン製のガス管

    強度に優れたポリエチレン製のガス管

事故の未然防止のための保安対策

  • 大阪ガスは、ガスもれ事故などを未然に防ぐために、以下の保安対策を徹底しています。
    • 1.ガスもれのないことを確認するためのガス導管の定期的な検査
    • 2.整圧器、バルブ、橋梁管など、各設備の点検および整備
    • 3.上・下水道、電気、電話など、他企業体の道路掘削工事等に対する事前協議、立ち会い、見回り
  • 橋梁管の定期点検

    橋梁管の定期点検

一元的なガス供給監視・制御システムの構築と運用

  • 大阪ガスの本社中央保安指令部では、24時間365日の体制で、ガスの安定供給と安全を見守っています。
    製造所からパイプライン網のすみずみに至るまで、常時目を光らせておく「ガス供給監視・制御システム」を構築。パイプライン網の各設備からガスの圧力・流量・異常の有無等のデータをリアルタイムに集約、一元的に管理し、遠隔操作装置等によって製造・供給のコントロールや異常の監視を行っています。
  • 本社中央保安指令部

    本社中央保安指令部

サンドブラスト発生時の対応力強化

  • 2011年6月20日、京都市西京区洛西ニュータウンを中心とした地区で、
    サンドブラストによるガス供給不良事故が発生しました。
    この被害を受け、大阪ガスでは、通報を受けてから供給停止範囲を決定するまでの初動対応と災害復旧を支援するシステム「BRIDGE」を開発し、定期的に総合的な訓練を実施しています。
    今後もサンドブラスト復旧訓練を継続して行い、さらなる保安の強化に取り組んでいきます。
  • サンドブラスト発生時の対応力強化

緊急時対応・災害対策

24時間365日の通報受付・出動体制

  • 事故や災害の発生など、緊急時に特に重要になるのが初期活動の体制と対応力です。
    大阪ガスでは、「広域一括保安体制」を構築しています。ガスもれ等に関する通報の受け付けや現場への出動指令等の業務を本社中央保安指令部に集約し、車両の位置情報や稼働状況を総合的に判断したうえで、最も早く現場に到着できる緊急車両に出動を指令しています。
    なお、ガスもれ等の通報は、24時間365日、専用電話で受け付けています。通報受け付け後は、警察・消防などの関係機関と緊密に連携しながら、直ちに現場に駆けつけます。
  • 本社中央保安指令部(通報の受け付け)

    本社中央保安指令部(通報の受け付け)

通報内容に合わせた3つの緊急出動体制

お客さまの通報内容に合わせて迅速・的確な保安措置を講じるため、以下の3つの緊急出動体制を整えています。また、緊急時対応能力の向上を目指して、従業員教育も日常的に実施しています。

  • 1. 一般出動:事故の発生の恐れがない場合の出動体制。現場へは、サービスパトロールカーが出動します。
  • 2. 緊急出動:事故が発生したときや事故の恐れがある場合の出動体制。原則2人以上の係員が緊急車両で現場に急行し対応します。
  • 3. 特別出動:緊急措置に多人数が必要等の事故の内容に合わせて、第1次から第3次までの特別体制を編成します。

大規模地震対策

  • 全社総合防災訓練

    全社総合防災訓練

  • 大阪ガスは、耐震性に優れたポリエチレン(PE)管や地震の揺れを感知してガスを遮断するマイコンメーターの導入、緊急時の通信ネットワークの確保等、大地震に備えた様々な対策を講じてきましたが、1995年の阪神・淡路大震災以降、これらの対策を一層強化してきました。
    供給区域内に地震計を設置し、地盤の揺れ(SI値)等の情報を迅速に把握できるようにしています。また、万一ガス導管に被害が発生する可能性がある地盤の揺れを検知した場合には、二次災害を防止するため、ガスを自動的に止める感震自動遮断装置や本社中央保安指令部からの遠隔操作でガスを止めることができる遠隔遮断装置によりブロック単位でガスの供給を停止します。さらに、本社中央保安指令部が被災した場合に備え、同機能を有する中央指令サブセンターを設置しています。
    また、上記のハード面の地震対策に加え、全社総合防災訓練やe-ラーニングを活用した教育など、有事の際の従業員の対応力強化を図るためのソフト面での対策も講じています。
    2019年度の全社総合防災訓練は、昨年に引き続き、全社地震訓練と事業継続計画(BCP)訓練を並行して行い、災害対応と事業継続の各業務を同時に行うことによる様々な課題を検証しました。大阪ガス管内で最大震度7の地震発生を想定した訓練では、本荘社長を対策本部長とする本社対策本部を確立し、発災からの初動対応に関する防災力の向上を目的に約2,000人が参加しました。

台風や豪雨時の積算雨量や土砂災害等の情報を一元的に把握

  • 大阪ガスは、台風や豪雨時の積算雨量や土砂災害等の情報を一元的に把握できる「台風・豪雨情報システム」を開発し、2015年7月に運用を開始しました。
    これまでは情報を把握するために、気象庁や国土交通省のウェブサイトなど様々な情報源を個別に確認していました。このシステムの運用により、供給エリア全域の情報を一元的に集約し、エリア内の状況を迅速に把握します。
  • 2015年7月の台風11号襲来時の雨量データ

    2015年7月の台風11号襲来時の雨量データ

災害復旧支援システム「BRIDGE」、
災害復旧支援モバイル報告システム「OG-DRESS」の運用

災害や事故により停止したガス供給の復旧には、様々な部門が密に連携して取り組む必要がありますが、そのためには、関係者が現場状況を即時に共有することが重要です。大阪ガスでは、災害や事故発生から復旧に至るまでの情報を一元的にリアルタイムで管理する災害復旧支援システム「BRIDGE」を開発、2012年4月から運用しています。このシステムでは地図情報と顧客情報を連携させるとともに、現場における進捗状況を一元管理することで復旧作業を“見える化”し、作業完了までの期間の短縮につながります。また、携帯電話からの作業報告を可能にする災害復旧支援モバイル報告システム「OG-DRESS」により迅速な対応に努めています。

復旧見える化システムの運用

  • 大阪ガスでは、大規模地震発生時にガスの供給を停止した地域にお住まいのお客さまに対して、わかりやすくガスの復旧情報を提供する「復旧見える化システム」を開発しました。大規模地震発生時には当社ホームページトップ画面を緊急用に切り替え、供給停止状況や復旧状況を当システムにてお知らせしています。
    「復旧見える化システム」は、ガスの復旧状況を 5 段階(「供給停止のため閉栓作業中」「道路面のガス管検査中」「道路面のガス管修理中」「お客さま宅のガス設備検査・開栓実施中」「訪問・開栓一巡を完了」)に色分けされたマップと、地域ごとにガスの復旧進捗状況などを掲載した一覧リストの 2 種類の閲覧機能を備えています。
    今後も地震などへの災害対策、防災への取り組みを充実させ、より安全に安定して都市ガスをお客さまにお届けできるよう努めていきます。
  • 「復旧見える化システム」

    「復旧見える化システム」

保安・防災の高度な知識・技能の伝承

大阪ガスでは、保安と防災に関する高度な知識や技能を持つ人材の育成に努めています。
ガス製造所では、2004年度より故障等の異常事象に対応する「訓練シミュレータ(OTS)」を導入しています。2016年度からはVR(仮想現実)によるアニメーション機能を備えたシステムに更新し、火災などの重大事故がよりリアルに再現できるようになり、容易に体験できないことを疑似体験することで訓練の質を上げ、技能の伝承につなげています。
ネットワークカンパニーの人材開発センターでは、ベテラン技能者の定年退職に備えて、2007年度から新たな人材育成体系の運用を開始しました。事故を起こさない仕組み(保安文化)を構築するため、組織的・計画的な人材育成と、作業手順の意味・背景を教える「know-why」の浸透を目指した教育を推進しています。また、過去に発生した様々な失敗事例から得た教訓を伝承するため、失敗時の状況を再現した体感型の訓練施設等も設けています。
さらに、導管業務の技能や知識を競い合う「技能選手権」を2015年から開催しており、保安レベルの向上に努めています。
このほか、ガス機器等の保安業務を担当するエナジーソリューション事業部の人材開発センターでも業務品質の向上を目的に様々な教育を行っています。

  • VR(仮想現実)を用いた「訓練シミュレータ(OTS)」での教育 VR(仮想現実)を用いた「訓練シミュレータ(OTS)」での教育

    VR(仮想現実)を用いた
    「訓練シミュレータ(OTS)」での教育

  • 技能選手権での様子 技能選手権での様子

    技能選手権での様子