このページの本文へ移動します。

目的別検索 CSRコンテンツ一覧

CSR憲章Ⅰお客さま価値の創造

安心・安全1 調達段階

特定したマテリアリティ

  • 顧客の安全衛生

取り組みの背景・考え方

近年、エネルギーセキュリティの観点から天然ガスへの期待と需要が高まっています。大阪ガスでは調達先のさらなる多様化を図り、液化天然ガス(LNG)等の原料の安定確保に努めるとともに、契約価格指標の多様化を図り、市場競争力のある原料調達の実現を目指しています。各国からの原料調達については、自社保有船も含むLNG船の効率的な運用を行い、迅速かつ安全、確実な輸送に努めています。

また、LNGの安定調達と収益獲得のため、液化事業・ガス田等のプロジェクトへの参画に取り組んでいます。

原料安定調達の取り組み

調達先多様化による安定調達の実現

都市ガスの原料や発電の燃料である天然ガスの埋蔵地域は、中東に偏在している石油とは異なり、世界中に広がっています。採掘可能年数も石油より長く、天然ガスのエネルギーとしての優位性は高く評価されています。大阪ガスは1972年にブルネイからの液化天然ガス(LNG)の輸入を開始し、これまで調達先の多様化を進めてきました。現在は、ブルネイ、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、カタール、オマーン、ロシア、パプアニューギニアの8カ国からLNGを購入しています。また、アメリカ・テキサス州で天然ガスの液化事業開始を予定しており、より一層安定的なLNG調達に努めていきます。アメリカ産LNG調達では、従来、主に原油価格に連動して価格が決定されていた契約に、アメリカでの天然ガスの先物取引価格の指標であるヘンリーハブ価格に連動して価格が決定される契約が加わることになります。これにより原油価格高騰時のLNG価格安定につながります。

出典
BP Statistical Review of World Energy June 2019

大阪ガスのLNG輸入実績(発電・卸用を含む)

大阪ガスのLNG輸入実績(発電・卸用を含む)グラフ

天然ガス埋蔵国と大阪ガスのLNG調達先

天然ガス埋蔵国と大阪ガスのLNG調達先

LNG権益の取得など上流事業の拡大

大阪ガスは、日本のエネルギー企業としては早い時期から上流事業に取り組んできました。1990年にインドネシアでのガス田開発事業に参入して以降、各国のガス・石油開発プロジェクトに参画してきました。

今後の上流事業については、投資するという立場だけではなく、国内でガス・電力事業を行う買い手としての立場を活用しながら、既存プロジェクトを確実に進めるとともに、相対的にリスクの低い生産中案件を中心とした新規開発案件を取得することを目指します。

Daigasグループの上流事業

(2019年3月31日現在)

案件名 所在地 種別 参画比率 参画年
サンライズ オーストラリア・東ティモール LNG 10% 2000年
エヴァンスショール オーストラリア LNG 10% 2000年
ノルウェー・出光スノーレ ノルウェー 油・天然ガス 1〜10% 2005年
カルハットLNG オマーン LNG 3% 2006年
クラックス オーストラリア LNG・油 3% 2007年
ゴーゴン オーストラリア LNG・油 1.25% 2009年
イクシス オーストラリア LNG・油 1.2% 2012年
ピアソールシェールガス・オイル 米国 天然ガス・油 35% 2012年
パプアニューギニア西部・ガス・コンデンセート パプアニューギニア 天然ガス・油 10〜20% 2014年
東テキサスシェールガス 米国 天然ガス・コンデンセート・天然ガス液 約30% 2018年

LNG船団の拡充

「LNG MARS」(エルエヌジー マーズ)

「LNG JUNO」(エルエヌジー ジュノー)

大阪ガスでは、現在7隻からなるLNG船団を用いて、LNGの輸送力の確保に努めています。

今後、フリーポートプロジェクト等、新規プロジェクトの開始に伴いLNGの輸送量が拡大するなか、当社は既存船団を有効に活用することに加え、適宜船団を拡充することで、安定的かつ経済的な原料調達に努め、天然ガスの普及に取り組んでいきます。

大阪ガスのLNG船団

(2019年3月31日現在)

船名 就航年月 タンク容量 造船所 船舶管理
LNG JAMAL 2000年10月 135,000m³(モス5球) 三菱重工業(株) 日本郵船(株)
LNG DREAM 2006年10月 145,000m³(モス4球) 川崎重工業(株) 日本郵船(株)
LNG BARKA 2008年12月 153,000m³(モス4球) 川崎重工業(株) 日本郵船(株)
LNG JUPITER 2009年7月 153,000m³(モス4球) 川崎重工業(株) 日本郵船(株)
LNG VENUS 2014年11月 153,000m³(モス4球) 三菱重工業(株) (株)商船三井
LNG MARS 2016年10月 153,000m³(モス4球) 三菱重工業(株) (株)商船三井
LNG JUNO 2018年11月 180,000m³(モス4球) 三菱造船(株) (株)商船三井

DaigasグループのCSR

トップコミットメント
Daigasグループの
経営とCSR
Daigasグループ
CSR方針集
特集 Daigasグループの技術力×人材力で社会課題を解決
コーポレート・ガバナンス
ステークホルダー
エンゲージメント
Daigasグループの
バリューチェーン
優先的な取り組み
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と
持続可能な社会への貢献
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
ESGデータ集
報告について
このページのトップへ戻る
トップコミットメント
Daigasグループの経営とCSR
インデックス
Daigasグループ企業理念・
CSR憲章
Daigasグループ企業行動基準
国連グローバル・コンパクトと
ISO26000
長期経営ビジョン2030
中期経営計画2020
経営戦略と一体となったCSR
DaigasグループCSR方針集
特集
Daigasグループの技術力×
人材力で社会課題を解決
特集1 低炭素社会の実現
特集2 インフラの防災対策
・早期復旧
特集3 お客さまが抱える
様々な課題を解決
コーポレート・ガバナンス
コーポレート・ガバナンス
リスクマネジメント
CSRマネジメント
ステークホルダー
エンゲージメント
ステークホルダーとの対話と協働
ステークホルダーへの対応
Daigasグループの
バリューチェーン
バリューチェーンにおける
CSRの取り組み
主なエネルギーバリューチェーンが
社会に与える影響とCSRの取り組み
サプライチェーンにおける
CSRの取り組み
電力・ガスシステム改革
優先的な取り組み
マテリアリティについて
顧客の安全衛生
大気への排出/
エネルギー
地域コミュニティ
顧客プライバシー
サプライヤーの評価
研修と教育
ダイバーシティと機会均等
経済パフォーマンス
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
インデックス
CSR指標
安心・安全1 調達段階
安心・安全2 製造段階
安心・安全3 供給段階
安心・安全4 消費段階
お客さまの声を生かす
取り組み
新たな価値提案
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と持続可能な
社会への貢献
インデックス
CSR指標
環境経営 ‐環境マネジメント‐
環境経営 ‐指標・目標と実績‐
気候変動への取り組み
‐リスクと機会の認識と対応‐
気候変動への取り組み
‐CO2排出量削減効果の評価‐
気候変動への取り組み
‐事業活動でのCO2削減貢献‐
気候変動への取り組み
‐お客さま先のCO2削減貢献
資源循環に向けた取り組み
生物多様性への取り組み
環境技術への取り組み
環境リスクへの対応
グリーン購買、
グリーン配送の促進
環境コミュニケーション
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
インデックス
CSR指標
社会貢献活動
企業ボランティア活動
「“小さな灯”運動」
社会とのコミュニケーション活動
財団活動
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
インデックス
CSR指標
コンプライアンスの推進
人権啓発への取り組み
個人情報保護の取り組み
情報セキュリティ
お取引先の方などからの
相談・報告
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
インデックス
CSR指標
雇用
多様性の受容
ワーク・ライフ・バランス
人材育成と処遇
従業員と会社のコミュニケーション
安全衛生
ESGデータ集
環境パフォーマンスデータ
社会データ
ガバナンスデータ
報告について
CSR報告方針
外部からの評価・表彰
第三者意見・第三者検証
レポートダウンロード
創業110年の歩み
ガイドライン対照表
CSRレポート2019
用語集
目的別検索
アンケート
トピックス
バックナンバー
CSRサイトマップ