取り組みの背景・考え方

Daigasグループは、近畿圏において都市ガスを安定的に供給しながら、周辺分野にも事業を広げ、地域とともに発展してきました。お客さまの暮らしやビジネスをさらに豊かにし、環境や社会に配慮した持続可能な開発と成長を実現するため、様々なステークホルダーと協働しながら新しい価値を創造し、多様なメニューや新技術をお客さまに提供していきます。

多彩な料金メニューサービス

社会やお客さまのニーズに応える多様な料金メニュー

大阪ガスでは、お使いのガス機器やご使用量に合わせてご契約いただける、様々な料金メニューをご用意しています。省エネルギー性の高いガス設備の普及を目的として、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」や、ガス温水床暖房等の特定の機器をお使いのお客さまには、それぞれの機器に応じたお得な料金を適用します。また、その他のガス機器を組み合わせてご使用いただくことで、さらにオプション割引が適用される場合もあります。
また、ガスをたくさんご利用になられているご家庭向けには、「もっと割料金」メニューを設定し、多くのお客さまにご利用いただいております。
今後も社会やお客さまのニーズに応じた最適なガス機器とお得な料金メニューのご提案に努めていきます。

お客さまのご利用状況やライフスタイルに合った最適な電気料金メニューをご用意

大阪ガスでは、お客さまのご利用状況に合わせた電気料金メニューをご用意しています。当社のガスをご契約のお客さま向けの「ベースプランA-G」、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」をお使いいただいているお客さま向けの「家庭用ガス発電プラン」をはじめ、お得な料金メニューをご用意しています。
2018年度には、Amazonの会員プログラム「Amazonプライム」がついてお得になる「スタイルプランP」等、ライフスタイルに合わせてお選びいただける電気料金メニュー「スタイルプラン」、2019年度には、(株)radikoの会員プログラム「radikoプレミアム」がついてお得になる「ウィズradikoプラン」等、楽しく豊かな暮らしを応援する電気料金メニュー「ウィズプラン」を新たに設定しました。これらの便利でお得な料金メニューを活用して、お客さまの暮らしをサポートしていきます。

「大阪ガスサービスショップ くらしプラス」による
お客さまへのサービス展開

地域のお客さまと当社を結び、お客さまの暮らしを一層快適に

  • 「大阪ガスサービスショップ くらしプラス」は、大阪ガスと地域のお客さまを結ぶパートナー企業です。昭和30年代からガスの使用手続きなど当社からの委託業務のほか、ガス機器の販売・修理、浴室・キッチン等のリフォーム、火災警報器等の販売など、多彩なサービスを提供しています。
    2020年3月末現在で、124店の「大阪ガスサービスショップ くらしプラス」が当社ガス供給エリア内に展開しています。
  • 「大阪ガスサービスショップくらしプラス」

    「大阪ガスサービスショップくらしプラス」

「らく得リース」や「らく得保証」など新しいサービスをご提供

  • 大阪ガスは、まとまった購入資金のご用意が不要で、月々のお支払いにより最新のガス機器、ガスコンロをご使用いただける「らく得リース」や、ガス給湯器、ガスコンロおよびガス温水暖房端末が故障した場合の無償修理や定期点検を最大10年間保証する「らく得保証」など、お客さまの暮らしを便利にするサービスを提供しています。
    これまで多くのお客さまにご支持いただき、2020年3月末現在の「らく得リース」の累計加入者数は約5.5万件、「らく得保証」の累計加入者数は約68万件となりました。
  •  「らく得リース」や「らく得保証」など新しいサービスをご提供

お客さまのニーズにお応えする様々なサービス

「住ミカタ・サービス」
住まいに関する幅広いサービスをご提供し、安全で快適な暮らしに貢献

大阪ガスは、ご家庭のお客さまのより安全で快適な暮らしに貢献するため、ガスや電気のエネルギーに加え、住まいに関する幅広いサービス「住ミカタ・サービス」をご提供しています。
「住ミカタ・サービス」は、水まわり修理、エアコン修理、住まいの修理、ハウスクリーニングなどの「駆けつけサービス」や、ガス警報器、火災警報器、ホームセキュリティなどの「防災・防犯サービス」などを提供しています。たとえば、「水まわり修理サービス」は大阪ガスサービスチェーンが迅速な受付・対応を行うとともに、ガス機器修理で培った確かな技術力を水まわり(キッチン、お風呂、洗面所、トイレ等)修理に生かします。
また、月々の定額料金をお支払いいただくことで、「住まいの駆けつけサービス」「暮らし応援サービス」を提供する「住ミカタ・プラス」は、現在37万件を超えるお客さまにご利用いただいています。

工場向けIoTサービスを開始

大阪ガスは、2019年4月1日からIoTを活用して工場の生産性向上につながるソリューションを提供する新サービスの営業を開始し、6月からサービスを提供しています。
製造業では、品質や生産効率の向上に加え、熟練技術者の高齢化による人材不足など、様々な課題があります。一方で、高額な投資が困難であることやシステム専門人材が不足するなど、IoT導入に対しては障壁が存在しています。
当社がガス事業で培ってきたシミュレーションやセンサー等の技術、およびDaigasグループのシステム開発およびデータ分析力に加え、お客さま先でのコンサルティング営業をさらに深化させることで工場全体の課題を解決するIoTシステムを提供します。
具体的には、当社が最適なデバイスやセンサーの選定とその可視化・分析ツールを用意するなど、IoTサービスをワンストップで提供することで、設備稼働データの傾向管理による突発的な設備故障の軽減に加え、加工条件と製品品質情報との照合により安定的な品質維持を実現します。熟練技術者のノウハウをデジタル化することも可能になり、技能伝承の支援にもつながります。
当社は今後も独自の技術に、AI(人工知能)・IoTなどの最新技術を組み合わせることで、お客さまのビジネス拡大や課題解決に役立つサービスの拡充を目指します。

■工場IoTサービスについて(サービスイメージ)
工場IoTサービスについて(サービスイメージ)

「ekul」「HelloOG!」
業務用のお客さまとのつながりを強化するICTサービス

  • Daigasグループでは、業務用のお客さま向けに「エネフレックス」や「もっとsave」など、情報通信技術(ICT)を活用してエネルギーの“見える化”や省エネルギー制御等を行うサービスを展開してきました。
    省エネルギー、省コスト、省力化への貢献に加え、様々な“見える化”ニーズにさらにお応えするため、2016年から「ekulイークル」のサービスを開始しました。「ekul」は、無線技術や電池式計測器を使い、安価・容易にガス・電気の使用量を即時に計測して情報をお知らせするほか、水道使用量や来店者数、温湿度等、お客さまが“見える化”したい様々なデータの追加計測が可能です。
    また、総合エネルギー事業者として、当社が保有する情報から、お客さま別にお役立ち情報を発信する無料の会員制ウェブサービス「HelloOG!ハローオージー」を開始しました。「HelloOG!」では、ガス・電気の使用量や料金情報を閲覧でき、飲食店業種のお客さま向けの個別情報発信も開始しました。今後は、他の業種も含め、お客さま別の最適な情報発信メニューを拡充していく予定です。
    当社グループはこれからもお客さまの良きエネルギーパートナーとして、最適なソリューションを提案していきます。
  • 「ekul」「HelloOG!」

TOPIC)「扇島都市ガス供給(株)」の都市ガス製造・供給設備の商業運転開始

大阪ガスと(株)JERA、JXTGエネルギー(株)とで共同出資する扇島都市ガス供給(株)は、2020年4月1日に神奈川県川崎市扇島地区において、都市ガスの製造・供給設備(熱量調整設備)の商業運転を開始しました。
本設備は、天然ガスとLPGを原料に、年間で110万t程度の都市ガスを製造するものです。製造された都市ガスについて、(株)JERAは主に品川火力発電所の発電用燃料用として、JXTGエネルギー(株)と当社は都市ガス小売などに活用します。またJXTGエネルギー(株)と(株)JERAが参画する東京大井地区における水素ステーション事業の水素製造用の原料としても活用します。
本設備では、(株)JERAが天然ガスの供給および設備のオペレーション、JXTGエネルギー(株)が熱量調整するためのLPGの供給、当社がこれまでの熱量調整設備の運営に関するノウハウによる支援などを担い、扇島都市ガスを通じて、安全を最優先に本設備の運営・管理を行います。

お客さま向けウェブサイト

ウェブサイトでも、便利で使いやすく、暮らしに役立つ情報を提供

会員制サイト「マイ大阪ガス」
  • 家庭用ガスや「大阪ガスの電気」のご契約者さまを対象に、利便性や満足度のさらなる向上を目指した会員制サイト「マイ大阪ガス」を2009年から運営しています。(会員数130万人:2019年12月末現在)
    お客さま宅のガス・電気の使用量・料金情報、大阪ガスからの訪問予定、各種契約情報などをウェブサイトでご確認いただけるほか、ご家庭のCO2排出量が分かる「環境家計簿」機能やガス機器取扱説明書のダウンロード機能もご利用いただけます。また、エネルギーや省エネルギーに関する楽しいコンテンツを各種用意しているほか、さらにガス・電気料金確認を行うとポイントが貯まり、抽選プレゼント企画に参加することもできます。
    「大阪ガスの電気」ご契約者さまは、1日単位・1時間単位の電気使用量の確認が可能な「でんきデイリーレポート」や、あらかじめご自分で設定した「月間の目標使用量」を超えた場合や超えそうな場合に、メールでお知らせが届く「でんき使用量アラート」、エアコンやテレビ、照明などの用途別に分けてそれぞれの推定使用量を表示し、似たご家庭の平均的な使用量と比較できる「知っトク! エネくらべ」などをご利用いただけます。
  • 会員制ウェブサイト「マイ大阪ガス」

    会員制ウェブサイト「マイ大阪ガス」

  • お客さま宅のガス・電気
    電気の使用量・料金確認は「大阪ガスの電気」ご契約者さまのみご利用いただけます。
大阪ガスウェブサイト

Daigasグループでは、お客さまにエネルギーを無駄なく上手にご利用いただくため、各種媒体を通じて、省エネルギーに関する知識や身近な省エネルギー活動に役立つ情報等を提供しています。
大阪ガスのウェブサイトでは、「かしこいくらしのヒント図鑑」を掲載し、ご家庭でできる省エネルギー行動例やその効果も紹介しています。さらに、定期保安巡回時にお客さまに配布する「ガスご使用の手引き(あんしんガイド)」の内容をウェブサイトでもご確認いただけます。
2018年からは、ウェブサイト「ご家庭のお客さま」向けの英語ページを充実させるとともに、中国、韓国の方向けに、新しく中国語(簡体文)、韓国語のページも公開しました。
また、皆さまに当社についてもっと知っていただき、もっと好きになっていただくために、「大阪ガス通信」では、ウェブサイトやFacebook、Twitterで当社グループの最新情報やトピックスをお届けしています。

TOPIC)「2019 CRMベストプラクティス賞」を受賞

  • 2019年10月29日、大阪ガスは、(一社)CRM協議会の選定する「2019 CRMベストプラクティス賞」を2018年度に引き続き受賞しました。
    この賞は「顧客中心のCRM」が実践されている企業に授与されるものです。
    当社では、お客さまへのサービス向上のために、お客さま情報を蓄積・分析することによってお客さまのニーズを予測し、各チャネルで共有する仕組みを構築しています。今回の受賞にあたっては、AI(人工知能)の導入などにより、データ分析の予測精度を大幅に向上させた点が評価されました。
    当社は、今後も「お客さまのお役に立つ企業」を目指して、CRM活動を推進していきます。
    • CRM:Customer Relationship Managementの略。
  • 授賞式の様子

    授賞式の様子

科学的手法で新しいサービス価値を共創

TOPIC)新規事業創造プログラム「TORCH」から生まれた第1号ビジネス「ラムネ」をリリース

大阪ガスでは若手社員が中心となって新規事業を創り出すプログラムを「TORCH」と命名し、2017年に開始しました。アイデア創出には大阪ガス行動観察研究所の「Foresight Creation」を用いています。全社員向けにコンテスト形式で発表し、高い評価を得た事業アイデアは社内外の関係者と協力しながら、事業化を目指します。
2020年2月には、(株)GOCCO.と開発した気分転換ネタ集合アプリ「ラムネ」をリリースしました。「ラムネ」はマンネリ化した日常を少し楽しくする気分転換のためのヒント(=ゆるネタ)を閲覧・投稿するアプリです。
当社は「TORCH」等で若手社員を中心とした人材育成を進めるとともに、既存事業の枠にとらわれない新規事業の創造を目指します。

  • Foresight Creation:新たな価値を生む(=イノベーション)ために、大阪ガス行動観察研究所が理論やメソッドを整理・創造した方法論です。
気分転換ネタ集合アプリ「ラムネ」

気分転換ネタ集合アプリ「ラムネ」

「ラムネ」について詳しくはこちらをご覧ください

技術開発の推進と支援

新型デジタル圧力計「デジタルマノメータWM-1000」を開発

大阪ガスは、愛知時計電機(株)との共同で、ガス管の気密・漏洩検査に用いるデジタル圧力計の新機種「デジタルマノメータWM-1000」を開発しました。
「デジタルマノメータWM-1000」は、Bluetoothによる無線通信機能を搭載しており、タブレットによる操作や圧力測定記録の管理が可能であり、業務の効率化が期待できます。また、タブレットのGPS機能やカメラ機能を利用したトレーサビリティの向上にも役立ちます。
当社は、お客さまに安心して安全なガスをお使いいただけるよう、本製品を全国のガス事業者へ普及させていくとともに、今後もデジタル圧力計等のさらなる技術開発に取り組んでいきます。

  • 圧力計本体

    圧力計本体

  • タブレット

    タブレット

ガス漏洩調査を行う「カート式ガス検知器」の新型を開発

大阪ガスは、新コスモス電機(株)と共同で、地中に埋設されたガス管からのガス漏洩調査を行う「カート式ガス検知器」を開発しました。
「カート式ガス検知器」は、手押しタイプの検知器で、地表面のガスを吸引することで漏洩を検知します。GPS機能や速度超過時警報機能により、調査結果を正確に記録し、漏洩調査の精度をより高めることができます。
当社は、お客さまに安心して安全なガスをお使いいただけるよう、本製品を全国のガス事業者へ普及させていくとともに、今後もガス検知器等のさらなる技術開発に取り組んでいきます。

  • 「カート式ガス検知器」

    「カート式ガス検知器」

  • 測定時のGPS機能による表示

    測定時のGPS機能による表示

オープン・イノベーション活動による技術開発の効率化を推進

オープン・イノベーション活動は、自社単独では解決できなかった技術開発課題に対して解決策を社外から見つけ、技術開発の効率化・スピードアップを図ることができる効果的な取り組みです。大阪ガスではこの取り組みを2009年から先駆的に行ってきました。これまでの活動により、大学・公的研究機関・中小企業・大手企業・ベンチャー企業・海外等、多様なパートナーとのネットワーク(オープン・イノベーション・プラットホーム) を構築し、拡充してきました。
社外との連携を推進するにあたっては、従来あまり公開してこなかった社内の具体的な技術課題・技術ニーズを当社ウェブサイトやマッチング会社で公開して、外部からの技術シーズ(将来、実を結ぶ可能性のある技術の「種」)を募集しています。2009年度から本格的にオープン・イノベーション活動を始動し、2019年度までの11年間で約6,500件に及ぶ技術提案が寄せられ、そのうち約430件の新しい連携が開始しています。また、実際に商品化や実用化につながった事例も出てきています。
たとえば、低酸素空間を創り出す技術を持つメーカーとのマッチングで、Daigasグループの(株)オージースポーツでは、室内を標高2,500mの酸素濃度空間を実現した「高地トレーニングスタジオ」を新たに開設しました。そのほか、設備点検でのドローン技術の活用など、当社技術と外部技術との融合による付加価値を生み出しています。
今後も、これまでに構築したオープン・イノベーション・プラットホームを活用して、効率的な外部技術の導入を図るとともに、外部アライアンスパートナーとの共創により、新たな「研究開発テーマの創造」「新規事業の創造」を積極的に推進していく計画です。

■オープン・イノベーションの仕組み
オープン・イノベーションの仕組み

TOPIC)英国エネルギー小売事業会社Igloo Energy Supply Ltd.への出資参画

大阪ガスは、大阪ガス英国子会社を通じて、英国でエネルギー小売事業を行うIgloo Energy Supply Ltd.(以下、Igloo社)の株式を100%保有するLightbulb ES Ltd.に出資しました。
Igloo社は2017年より英国でエネルギー小売事業を開始し、現在約11万世帯の顧客にガス・電気を供給しています。顧客ごとにエネルギー使用のデータ分析に基づいて最適な省エネ機器を提案するほか、メーターの検針やガス・電気料金の決済が可能なスマートフォン・アプリを独自に開発するなど、顧客の利便性向上を追求した様々なサービスを提供しています。コールセンターやオンラインチャットシステムなど、顧客対応機能の充実にも注力し、トップクラスの顧客満足度を得て、顧客数は年々増加しています。
また、1990年代から電力自由化が段階的に進められた、エネルギー分野の先進国である英国では、近年の再生可能エネルギーの導入加速に伴い、電力の需給調整機能に対するニーズが高まっています。今後、電力需給調整ビジネスが拡大すると予想されており、Igloo社も需給調整に関連する新たなサービス開発に取り組む方針を打ち出しています。
本件は、当社にとって海外での家庭向けエネルギー小売事業への初めての参画案件となります。本出資を通じて、先進的なエネルギー市場についての知見や新たなサービスなどに関するノウハウを収集するとともに、今後、海外における新たな需給調整ビジネスへの参画も目指していきます。