Daigas Group Carbon neutral vision Daigasグループ カーボンニュートラルビジョン Daigas Group Carbon neutral vision Daigasグループ カーボンニュートラルビジョン

2050年脱炭素社会実現に向けた挑戦

Daigasグループは、地球温暖化対策への社会的要請の一層の高まりを受け、これまでの天然ガス利用拡大の取り組みに加えて、再生可能エネルギーや水素を利用したメタネーションなどによる都市ガス原料の脱炭素化、および再生可能エネルギー導入を軸とした電源の脱炭素化によって、2050年のカーボンニュートラル実現を目指します。また、実現に向けた取り組みを示すために「カーボンニュートラルビジョン」を2021年1月に発表しました。

  • 水素とCO2から都市ガス原料の主成分であるメタンを合成する技術

目指す姿

目指す姿
  • ※1 太陽光、風力、バイオマスなど固定価格買取(FIT)制度の適用電源を含む
  • ※2 現在の当社グループおよびお客さま先におけるCO2排出量(約3,300万㌧/年)の約3分の1に相当

カーボンニュートラル時代における
当社エネルギービジネスの絵姿

カーボンニュートラルを達成するための手段については、エネルギーに関するイノベーションの進展や社会情勢などを見極めながら柔軟に選択する必要があります。当社グループは今後の技術進展や経済合理性を踏まえてお客さま先を含めたサプライチェーン全体でカーボンニュートラル実現に向けた取り組みを推進していきます。

▼スワイプでスクロールします

カーボンニュートラル時代における当社エネルギービジネスの絵姿

脱炭素社会における都市ガスの役割

  • 熱の低・脱炭素化への貢献

    CO2排出量が大きい産業用の高温熱分野では、技術面や経済面の理由から、多くが石炭や石油を利用されています。これらの分野において、天然ガスや、将来的にはカーボンニュートラルメタンを活用することにより確実なCO2排出削減、カーボンニュートラル化の実現に貢献することができると考えています。

  • 再生可能エネルギーと親和性の高い都市ガスシステム

    再生可能エネルギーは天候の影響を受けるため、その調整力となるコージェネレーションや燃料電池などの分散型電源とのベストミックスが重要と考えます。デジタル技術の活用により分散型電源をアグリゲートすることで仮想発電所(バーチャルパワープラント:VPP)を構築し、系統安定化と更なる省エネルギーに貢献します。

  • エネルギーレジリエンスの確保

    気候変動による自然災害の増加リスク等を踏まえると、エネルギーのレジリエンス確保は引き続き重要な課題です。加えて、カーボンニュートラルの実現には様々なイノベーションが必要であることから、複数のエネルギーソースを選択肢に持つ視点も必要であり、都市ガスは今後も重要な役割を担うと考えています。

カーボンニュートラル実現に向けた
ロードマップ

当社グループは、既にメタネーションの研究開発や再生可能エネルギーの普及拡大に取り組んでおり、今後は中長期的なロードマップに沿ってさらに活動を加速させます。

▼スワイプでスクロールします

カーボンニュートラル時代における当社エネルギービジネスの絵姿

Daigasグループの取り組み

  • カーボンニュートラルを見据えた確実なCO2削減の取り組み

    脱炭素技術の実用化には長い期間を要し、実用化後も脱炭素社会への転換のためには多大なコストがかかります。これを低減するためには、脱炭素技術が確立するまでの確実なCO2排出量削減が重要です。
    当社グループは、これまで進めてきた省エネ設備・機器の開発、お客さま先での提案・導入、天然ガスへの転換、デジタル技術を活用したエネルギーマネジメントなどを、今後さらに推進していきます。

    カーボンニュートラルを見据えた確実なCO2削減の取り組み
  • メタネーションによるカーボンニュートラル実現シナリオ

    カーボンニュートラル実現に向けては、再生可能エネルギーの最大活用に加え、電力システムの強化を踏まえた対応が欠かせません。一方で、今後の人口減少局面においては、社会コスト低減やエネルギーレジリエンス担保のために、既存インフラを活用する視点も必要です。
    再生可能エネルギーや水素を活用したメタネーション技術が実用化すれば、既存の都市ガスインフラを有効活用しながら、熱需要のカーボンニュートラル化を面的かつ効率的に進めることができると考えています。

    ▼スワイプでスクロールします

    メタネーションによるカーボンニュートラル実現シナリオ
  • 電力ビジネスにおけるカーボンニュートラルに向けた取り組み

    当社グループは総合エネルギー企業として再生可能エネルギー電源の開発に取り組んでおり、これまで陸上風力や太陽光、バイオマスなど、国内外で約70万kWを開発しています。
    カーボンニュートラル実現に向けて再生可能エネルギー電源の開発は今後さらに重要度が増すことから洋上風力・地熱発電といった電源種の拡大やビジネスモデルの拡大等により、さらなる普及推進に努めます。

    ▼スワイプでスクロールします

    電力ビジネスにおけるカーボンニュートラルに向けた取り組み

カーボンニュートラル実現に向けた
様々な連携強化

カーボンリサイクルに関する大規模プロジェクトや、海外サプライチェーンの構築、水素等の利活用など当社グループだけでは解決が難しい課題について、業界内横断、他業種とのアライアンス、行政との連携などにより幅広く推進します。

カーボンリサイクルの推進

■エネルギー事業者に加えて、鉄鋼業界や化学業界など、幅広い産業界のお客さまとのカーボンリサイクルに関する検討を進めます。

■効率的なCO2回収の具体的な方策検討について、産業界のみなさまと連携し検討を進めます。

カーボンリサイクルの推進

海外サプライチェーン構築

■海外でカーボンニュートラルメタンを製造し、国内へ輸入することを見据えたサプライチェーン構築に取り組みます。

■プラントメーカーさまや商社さまとのアライアンス、海外からの輸入に向けた行政さまとの制度整備等について連携して進めます。

海外サプライチェーン構築

水素等の利活用

■現在取り組んでいる新たな水素製造技術開発に加えて、水素・アンモニアなどのグリーン燃料について、ローカルネットワークや発電所、お客さま先での利活用についても取り組んでいきます。

■コンソーシアム等も活用し技術開発の情報収集や提携先の開拓を進めます。