このページの本文へ移動します。

Daigasグループ取引先の皆さまへのお願い

Daigasグループは、取引先の皆さまを「大切なパートナー」であると考えています。取引先の皆さまと一緒に、相互の信頼関係の構築と発展を図ることに努めるとともに、持続可能な社会の実現に貢献していきたいと考えております。取引先の皆さまにおかれましても、「Daigasグループ調達方針」(※1)をご参照いただき、次の項目について積極的に取り組んでいただきますようお願いします。

1.コンプライアンス

法令を遵守するとともに、健全な倫理観に基づく良識ある企業行動の実践に努めていただきますようお願いします。

2.品質・安全性

品質と安全性が当社グループの求める水準を満たすとともに、それが合理的な期間保持される工事、役務、物品、及び製品・部品・原材料等(以下、製品・サービス等とする)の提供に努めていただきますようお願いします。

3.適正な価格

仕様、品質、納期、購買数量及び市場価格動向等に照らし、適正かつ合理的な価格での製品・サービス等の提供に努めていただきますようお願いします。

4.納期

製品・サービス等の納入にあたっては、納期の遵守をお願いします。また、納期を遵守できるよう安定的かつ柔軟な供給体制の構築に努めていただきますようお願いします。

5.保守管理・アフターサービス

点検、保守、補修、事故及び品質問題発生時の対応が、迅速、安全かつ的確に実施でき、必要な部品、技術的援助等が迅速に提供できる体制の保持に努めていただきますようお願いします。

6.人権

国際的な人権基準に基づき、企業活動に関係するすべての人の人権を尊重し、取引先を含め、企業活動による直接的・間接的な人権侵害(差別、各種ハラスメント、その他非人道的扱い等)が行われないよう配慮をお願いします。

7.労働

国際的な労働基準及び関連法令を遵守し、適切な賃金の給付、労働時間の管理、休日の付与に努め、また職場におけるあらゆる差別、強制労働、児童労働の禁止、結社の自由及び団体交渉権を含む労働者(技能実習生などの外国人・移民労働者を含む)が保有する権利の尊重に努めていただきますようお願いします。

8.労働安全・衛生

関連法令を遵守し、安全で健康な職場環境を維持するために必要な対策、及び自然災害などの緊急事態に備えた防災対策を講じることに努めていただきますようお願いします。

9.環境保全

環境負荷の軽減に努めていただきますようお願いします。

  • [例:省エネルギー推進や低炭素・脱炭素エネルギー利用を通じた温室効果ガス削減、グリーン購買(※2)の推進、持続的な資源利用(水資源や原材料等)、資源循環の推進、大気・水・土壌の汚染防止、生物多様性の保全等]

10.倫理

自由で公正な競争を尊重し、不正防止に努めていただきますようお願いします。また、知的財産権の保護、情報開示、機密保持、個人情報を含むプライバシーの保護、責任ある鉱物調達、責任あるマーケティング、及び反社会的勢力との関係排除等に努めていただきますようお願いします。

11.健全な企業経営

企業としての業務の有効性及び効率性、財務報告の信頼性、資産の保全を担保する仕組みの構築に努めていただきますようお願いします。

12.体制の整備

本方針を実行するため、従業員への啓発や相談・通報窓口制度を含む社内体制の整備と、取引先への本方針に定められている事項の周知・浸透に努めていただきますようお願いします。

なお、本方針に関連する取り組み状況についてのヒアリングをお願いさせていただくことがございます。その際には、何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

※1 Daigasグループでは、「Daigasグループ調達方針」を定め、この方針に基づいた調達活動を推進しています。
「Daigasグループ調達方針」について詳しくはこちらをご覧ください。

※2 グリーン購買とは、購入の必要性を十分に考慮し、品質や価格だけでなく環境面にも配慮する購買のことです。具体的には、資源採取から廃棄までの製品ライフサイクルにおける環境負荷ができるだけ少ない製品やサービスを、環境負荷の低減に努める事業者から優先して購入することです。詳細については、グリーン購買ネットワーク(GPN)の基本原則・ガイドラインをご参照ください。なお、Daigasグループでは、事業活動に用いる車両として、天然ガス自動車や電気自動車等の低公害車を選択し、配送の委託先や物品の納品等において低公害車を利用するよう促進する「グリーン配送」も、グリーン購買の一環であると考えます。
< GPN「基本原則」
< GPN「ガイドライン」

1992年6月制定
2020年4月改定

上記のうち特に社会の持続可能性に関する取り組みについて、留意すべきポイントをガイドラインにまとめております。
「調達に関するガイドライン」はこちら

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る