このページの本文へ移動します。

国内エネルギー事業

業務用・工業用の取り組み

当社グループは、エネルギーの最適かつ効率的な活用のために、お客さまのユーティリティに関するアウトソーシング ニーズを解決するとともに、お客さまに必要な技術や商品の開発などのエンジニアリング、IoTを活用したサービスなどをワンストップで提供しています。

工場向けIoTサービス

当社グループは、2019年7月から工場の生産性向上につながるIoTを活用したソリューションをワンストップで提供する新サービス「D-Fire」を開始しました。お客さまの工場に最適なデバイスやセンサーの選定とその可視化・分析ツールの提供に加え、当社グループがこれまで培ってきた技術・ノウハウを活用し、お客さま先でのコンサルティング営業をさらに進化させることで、工場全体の課題解決をサポートします。
これにより、設備稼働データの傾向管理による突発的な設備故障の軽減に加え、加工条件と製品品質情報との照合により、安定的な品質管理を実現します。熟練技術者のノウハウをデジタル化することも可能になり、技能伝承の支援にもつながります。当社グループは今後も独自の技術に、AIやIoTなどの最新技術を組み合わせることで、お客さまのビジネス拡大や課題解決に役立つサービスの拡充を目指します。

D-Fire 工場向けIoTサービス
ICTを活用したサービス提供

当社グループは、業務用・工業用のお客さま向けに、情報通信技術(ICT)を活用したサービスを展開しています。「ekul」は、ガス・電気の使用量を即時に計測して情報をお知らせする他、水道使用量や来店者数・温湿度など、様々なデータの追加計測が可能となるサービスです。また、2019年4月から「ekul」の新たなプランとして「ekul lite」を開始しました。シンプルな機器構成、電池駆動で設置場所を選ばない計測器の導入、従来の「ekul」サービスの機能も利用可能など、多様なサービスでお客さまのビジネスの発展に貢献していきます。

ekul
ガスコージェネレーションシステム・空調システムの普及拡大

電力ピークカットや省エネルギーの促進に寄与するコージェネレーションシステムやガス空調システムの提案を進めています。

業務用ガスコージェネレーション ガス空調・ガスヒーポン
ユーティリティエージェント※契約

Daigasグループのユーティリティエージェント契約は、Daigasエナジー(株)が9つのテーマを組み合わせ、ユーティリティに関するあらゆるサービスを提供しています。最適なユーティリティ設備(ガス・電気・水など)の提案、イニシャルレスの設備導入、エネルギーの最適調達、設備のオペレーション&メンテナンス、設備導入後の省エネ運用アドバイスを一括で行うことで、設備導入時のみならず、運転期間中も継続的に省エネルギー、省コストを実現します。
※ 商標「ユーティリティエージェント」は大阪ガス(株)及びDaigasエナジー(株)の登録商標です。

UA9 Blocks
エンジニアリングの提供

これまで培ってきた技術で、お客さまの施設全体のエネルギー負荷を徹底的に調査するとともに、国内最大級のテスト場でのシミュレーションなどにより、お客さまの様々な課題を解決します。さらに、施工、施工後のアフターメンテナンスもDaigasグループで実施します。定期点検、突発的なトラブルへの対応、設備改善など、トータルソリューション提案を行います。

診断実績 2020年3月末時点 工業用設備など約6,700台 電力測定約2,100系統

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る